FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] タオバオ代行

チャイナトレード.jp 【誰でも出来る中国ビジネス】vol.198 

----------------------------------------------------------------------
チャイナトレード.jp】誰でも出来る中国ビジネス
◆Presented by Live Integration Co.,Ltd         
----------------------------------------------------------------------
【vol.198】

5月25日(火)

こんばんは、チャイナトレード.jp です。

今日も激しくKさんは、中国のショップと交渉していました。彼にしてみれば、
普通に交渉しているのだと思いますが、傍に聞いておりますと、「けんか腰?」
と見紛える程です。
中国人は声が大きいって聞いたことありませんか?まさにそのとおりです。
僕もプッシュセールス型ですが、Kには負けます (^^;)

では、本日も宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
関税についてと バイク関連用品』

海外から輸入したときの注意点として、「関税」「消費税」などの税金のことを
おさらいしておきましょう。

まず、0476-34-2128 こちらの番号は、どこかにメモを残しておいてください。
これは、成田税関支署の税関相談官への直通電話番号です。

自分が今から輸入したいと思っている商品で、大量に輸入する場合には、
事前に一本電話して確認しておくとよいです。相談官は、どの人が出ても皆さん
丁寧に対応してくれますので、すごく安心です。

細かいことは言う必要がありませんので、ずばり聞いてみましょう。
今日僕が問い合わせた内容は、バイクのブーツの件です。「
中国からバイクのブーツを輸入しようと思うのですが、
関税はいくらでしょうか?」と聞くだけです。


このように、関税がかかるかからないは、C2Cの世界ですのでわからない場合も
ありますが、念のために確認しておいたほうが無難な場合もあります。

上記の場合・・・・

結論は、1足当たり4300円または、30%のどちらか高い方を適用という答え
でした。例えば1足10000円のブーツを輸入した場合には、4300円の関税
いうことになります。20000円のブーツであれば、6000円です。


あとは、消費税が5%かかりますので、それなりに税金がかかるということ
がおわかり頂けましたね。

関税と消費税は、絶対にかかるかというと そうではありません。
ランダムピックアップされなければスルーの場合もありますし、関税はかか
らず消費税だけの場合もありますし、ケースが様々です。また税金申告は
自己申告制ですので、あくまでも皆さんが独自に申告するものであります。


うん、この当たりがポイントなのですが、今までのメルマガの中にも答え
が書いてありますので、ご覧くださいね。
最近、読者になっていただいた方で、この点がどうもいまいちわからない
・・・という方がいらっしゃいましたら、直接メールください。




さて、なぜバイクのブーツのことを聞いたか・・(笑)
この点は、ご想像にお任せいたします。

基本的に僕たちが輸入するときには、必ず税務署の税関相談官に連絡をし
て、税金のことを確認します。中国で特別ルート発送ということが出来た
としてもそれはあくまでも中国側対策ですので、没収されないようにする
のが関の山です。日本の税関だけは、まったくコネクションがありません
し、あったとしても無理なので、一応は確認をしておくということです。



昨今のバイクブームは皆さんもご存知かと思いますが、
国内のバイクメーカーはもとより、
ハーレーダビッドソンがかなり調子がよいみたいですね。50代、60代の方が
ハーレーに乗っているのを見ると、とても「かっこいい!!」のです。バイ
ク関連用品は、以前から目をつけておりまして、まだよいショップは
見つかっていないのですが、輸入できたらなぁと考えています。バイクその
ものではなくて、関連用品ですね。そうなると、ウェアとかブーツとかヘル
メットになるのですが、正直申し上げまして、タオバオショップ内には、

「このショップなら間違いない」と太鼓判押せるところが見つからないです。

ですから、USBメモリーで、Kingston の関係会社を見つけたときのよう
に、中国国内で、確実にメーカーと繋がっている「工場」を見つけようと
目論んでいます。


バイク人口が若い人もいますが、
ある程度ご年配の方もいっぱいいらっしゃいます。


そういう方は、車も所有して、バイクも・・・ということで、
以外と生活が安定している方が多いのです。


ヤフオクなどの利用者層もその認知度とともに拡大していると思いますが、
若い方へ販売すると 「正直・・・・」面倒だなぁって思った方
いらっしゃるのではないですか。


落札後に 質問攻めしてきたりとか・・・


こういう人は、だいたい若い人に多いです。でもある程度の年齢層の方は、
支払いも早く、すっきりしていますよね。販売の相手層としては、
40代、50代、60代というのは、とてもよいと思います。


つまり・・・高額商品をやってみた~~い ということでした。 (笑)



【紙面をお借りしまして、お礼申し上げます】

以前よりちょっと騒いでおりました、紙やシリコンオイルなど、ご協力いた
だける方がいらっしゃいまして、本当に有難く存じます。
最初は、サンプルを中国企業に発送して、OKであれば継続的にオーダーが
来る可能性があります。僕たちが用意できればいいのですが、紙、シリコン
オイル、木材など到底用意できるはずもなく、皆様のお力を頂戴して、なん
とかまとめることが出来ればと考えております。まだ契約成立には至って
おりませんが、弊社で尽力いたします。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
また紙面上からで大変恐縮ですが、お礼申し上げます。

【連絡事項1】

先日もご案内申し上げましたように、弊社のノウハウのすべてを完全伝授し
ます。
ライバルをむやみに増加させても仕方ありませんので、限定3名様という
ことで申し上げておりました。後残り1名様です。
中国ビジネスでやっていこう!!とご決断された方は、お早めにお申込み
くださいませ。
これは無料ではありませんが、経験に基づくもので、誇大広告ではござい
ませんので、今後のビジネスの可能性追求をされてみてください。
詳細は、遠慮なく 
info@china-trade.jp までお知らせください。


【連絡事項2】

8月の休暇連絡です。
8月の4日(水)~8日(日)までの5日間を夏期休暇とさせて頂きます。
休暇中でもメールなどは頂いてもかまいません。少し遅れるかもしれませ
んが、対応いたします。
そのかわり、お盆中は通常どおり営業いたします。
どうぞ宜しくお願い致します。

※8月ぐらいから、冬物衣料をピックアップしていきましょう。



【連絡事項3】

アパレル販売にご興味のある方へのご連絡です。
中国からの輸入で、国内転売で成果はいかがでしょうか。
中国からの購入で、本物かどうか不安を感じたことがあろうかと思います。
中国じゃないのですが、確実に本物を入手できるルートを持っています。
この件はバックナンバーとかに掲載されたときに、公衆の縦覧と化しますので
、個別にお問合せください。
スカイプでも電話でもOKですが、まずはメールいただけれると有り難いです。
たまにいろいろ重なって何がなんだかわからなくなってしまいますので 

(^^;)
この件のお問合せも info@china-trade.jp です。






======================================================================
■発行:ライブインテグレ株式会社
■URL: http://www.china-trade.jp/
□メルマガの解除はこちら
 →http://www.mag2.com/m/0001028763.html
□メルマガへのご意見・お問い合わせはこちら
 → info@china-trade.jp
======================================================================
Copyright(c) 2009 Live Integration Co.,Ltd All Rights Reserved.


[PR] タオバオ代行

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://liveintegration2009.blog114.fc2.com/tb.php/999-fa3d32e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。