スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] タオバオ代行

「私は申請した覚えもない」って  マジですか!? 

6月1日からスタートしましたチャイナモールですが、滑り出しは
どうなのでしょうか。

いろいろな噂が飛び交う中、僕たちは タオバオでかなりよく売れているショップ
オーナーとコンタクトを取る機会がありました。

このショップは、弊社のお客様も多く利用されている超優良ショップです。

210万ショップもある中で、こちらのお店は弊社のお客様が一番利用していて、
一番満足度が高いショップともいえます。

確かに顧客応対は、100点満点で、いつチャットコンタクトをしても
reply がとても早いのです。

オーナーは若い女性ですが、とてもしっかりもので、
「お客様一人ひとりを大切にしている」のがよくわかります。

しかし、

本日 事件が発生しました。


新しくスタートしたチャイナモールの動向は、僕たちも少しずつワッチして
おります。


ある日、僕とK は、 その女性のショップが「チャイナモール」に出品
しているのを知りました。

「ああ、やっぱり この店は評価も高いし、間違いなく売れるだろうからなぁ」

そう・・・そのショップが チャイナモールに出品している事実は、


6月1日に知ったのです。

タオバオで発掘した、とっても優秀なショップでしたので、なんとなく

皆に知られてしまうのが、もったいないという感情と同時に、

「素晴らしいこと!」 という 思いが交錯していたのです。



今日、Kは、久しぶりにショップオーナーにチャットコンタクトして、

実際に ネット電話でも会話をしました。


Kは、言いました。


「君のお店は、チャイナモールにも出品しているんだね」



ここからです。

事態は一変しました。


「え? 何 チャイナモールって」


「何言ってるんだよ。ヤフーとタオバオが一緒になって、チャイナモールを
つくったじゃないか。 そこに 君のお店も 商品を出品しているじゃないか?」


「は?? 何の話なの? ヤフーとタオバオが一緒に?・・・・・

 チャイナモール??? 何それ?」


「またまたぁ、 君のショップの商品が掲載されているじゃないか?」


「何の話をしているの?  私は チャイナモールなんて知らないし、
 
 それどころか、タオバオ以外に どこかに出品なんてしてないわよ。」


「ええええ?」


僕は、ここまでの会話で、 女性オーナーが僕たちを気遣って、嘘をついてるの
ではないか?? とまで勘ぐってしまいました。


Kは、


「証拠のURLをそっちに送信しようか?」


「うん、すぐに送って。 いったい何なの??」


そしてKは、僕に URLを探すように 言ってきました。


「え、だって この間 Kさんと一緒に 確認したじゃない。ヤフーで
チャイナモールって検索して・・・確かすぐに見つかったよね。 

ちょっと待ってね、もう一回見てみる」


ということで、僕は、チャイナモールにアクセスして、彼女のショップを
すぐに探し当てたのです。


「ああ、これこれ。K さん これでしょう」

「どれどれ、 あああ、 そうそう。これだ。 こっちに転送して」

Kさんの言われるとおり、URLをコピペして、Kさんのメールに送信して
あげました。

そして、Kさんは、届いたメールに書かれているURLを再度コピペして
彼女にチャット送信したのです。


ところが・・・・


「・・・ このURL あってる? 開けないわよ」 と

言って来たのです。


中国側では見られない仕様になっている・・・ということでしょうか。

彼女は、少し激昂して、

「どういうことなの? 私のショップの商品が勝手に掲載されているの?」

と言ってきたのです。



僕はこの段階で、彼女は、本当に何も知らないんだ・・・と思いました。


すぐさま彼女は、タオバオに問いあわせをしました。

タオバオから来た回答は、こうです。


「いやいや、 まだテストだからね」


彼女は、怒り心頭で、すぐさま チャイナモールへの掲載を停止するように
言ったらしいです。


僕は本当に そんなことがあるのかな? と 思ってしまいました。


タオバオは、


「まだ スタートしてないから」という説明だったらしいです。


しかし、残念ながら、モロに 彼女のIDが示され、ショップで販売している

商品が 「倍の値段」 で たくさんチャイナモールに出されていたのです。


これって、事実なのでしょうか。


本人が、(タオバオで相当売っている 優良セラーが) 掲載の事実を
まったく知らない状態・・・・


しかも もうすでに ショッピングカートは設置されています。

オーダーが本当に入ったら、どうしたのでしょうか。


本来であれば、これはメルマガネタです。


でも なんだか そういう事実って、気持ち悪いじゃないですか。


真実っていうのは、1つしかないのですが、 このケースって
あることなのでしょうか。


[PR] タオバオ代行

この記事へのコメント

Re: 「私は申請した覚えもない」って  マジですか!?

いつもお世話になっています。西庄です。

そんな事ってあるんですね?
そうだとしたら他にもそんな事例があるのでは?

先日、チャイナモールを覗きましたが、確かに値段が高いですね。
直接、代行を通して個人で輸入するメリットはまだまだありますね。

孫正義さんはどのような展望を持って、チャイナモールを立ち上げたのか?直接聞いてみたいです。
無理ですけど(笑


Re: Re: 「私は申請した覚えもない」って  マジですか!?

こんばんは、西床様

ええ、僕も正直びっくりでした (^^;)

でも

これから、もっと拡大すると思いますので要注目だと思います。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://liveintegration2009.blog114.fc2.com/tb.php/998-60efdc9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。