スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] タオバオ代行

チャイナトレード.jp 【誰でも出来る中国ビジネス】vol.194 

----------------------------------------------------------------------
チャイナトレード.jp】誰でも出来る中国ビジネス
◆Presented by Live Integration Co.,Ltd         
----------------------------------------------------------------------
【vol.195】

5月20日(木)

お疲れ様です、チャイナトレード.jp です。

昨晩は、苫米地博士の本(僕の愛読書でもあります)をササ~~っと流し読み
していましたら、勇気が沸くと同時にいろいろなことを考えて、
眠れなくなってしまいました。寝る前に脳に刺激を与えすぎるとちょっとまず
いですね (^^;)

最近買った本で、一番眠りを誘発するのは、Visual Basic というプログラム関
連の本です。
はじめの頃はすごくわかりやすくて、目からウロコの思いで、面白く読ませて
もらったのですが、3分の1ぐらいの地点から、なんだかわからなくなってしま
いまして・・・これを読み始めると自然と落ちます。


さて、本日も宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
『中国市場において徐々に広がる異変』

今年の旧正月に中国の電機専門店などで飛ぶように売れたのは、廉価版のデジ
タルカメラです。日本からの投入では、富士フィルムのA170という機種が有名
で、価格は600元(今のレートで8000円程度)です。こちらの商品は、新興国
向けにつくられた機種です。徹底したコストカットを行い、レンズ以外はす
べて外注でつくりあげたそうです。


性能は、光学3倍ズーム(デジタルズームよりも仕上がり画像は荒くならない)
で、1000万画素ですから、通常使用では十分な機能ですね。


実は中国におけるコンパクトカメラの市場は2009年の出荷が1000万台で、
すでに日本を越えています。急激な伸び率で、程なく最大の市場である米国
並みの3000万台には届くだろうと予測されています。


皆さんもデジカメをお持ちだと思いますが、初めて手にしたときの感想は覚
えていますか?

僕は、興奮に近い感動を覚えました。

当時は数十万画素ぐらいだったのが、今では、1000万画素が当たり前ぐらいに
なっていますよね。
続いて感動したのが、デジカメで撮影した写真を自宅のプリンターでプリント
できる!!ということでした。
初めての一枚がプリンターから 出てきたときには、思わず
「おおおお、普通の写真と変わらないじゃないか」なんて思ったものです。



デジタルカメラの性能がどんどんよくなるにつれて、プロのカメラマンでさえ
も銀塩フィルムの普通のカメラからデジカメに乗り換える人が増加しています。
当然ながらここには、デジタルカメラの「飛躍的な画質向上」が理由として
挙げられます。

従来の露光→現像→定着→焼付け処理という過程を踏まずとも 
「撮影と同時に肉眼で画像の確認ができる」のですから、考えてみたら、
間違いなくカメラの世界では世代交代が進行していくのでしょう。


画素数の進歩は、今後のさらなる半導体技術の進歩のかかっています。
画素数をあげるということは、カメラ内部の画像処理能力も同時にあげる必要が
ありますので、相当の処理を強いられますし、バッテリーの消耗も激しくなり
ます。



でも間違いなく画素数はどんどん増加していきます。今僕が持っているカメラ
は1400万画素が最高です。
でも将来的には、1億画素のカメラも登場するのでしょうね。


話は戻りますが、このようなデジカメの画素数追求競争を尻目に、
富士フィルムが取った戦略は、「新興国をターゲットにした廉価版のデジカメ
だったのです。
日本国内におけるシェアは、決して多くない富士フィルムですが、
新興国ではリードしています。



業態や規模の違いはありますが、
ユニクロやニトリのように会社としての収益をたたき出す源泉を中国に
求めているのはよくわかりますね。


ただし、少しだけ注意しなくてはいけないのは、中国における「需要変遷」
です。デジカメという非常に狭義なカテゴリにおいても 早くも売れ行きが
少しダウン傾向にあるのです。これは中国人の可処分所得が減少したのでは
なく、逆です。


可処分所得が増加傾向にあるために、上位機種や高級機種への需要が喚起
されているのです。この現象は、しばらく続くのではないかと推測します。


先日、ラジオで聞いていたら、バブルの頃は自殺者がもっとも少なかったと
いいます。しかし、今は最も多くなっています。これは日本でのことですが、
なぜこうなったのかは経済情勢に比例していることがよくわかります。

経済状態がよくなれば、電車で行くところを数千円もかけてタクシーを
使ったりするようになるのです。悩みも自然と少なくなるのです。


中国は、日本の経済状態のよかったときよりも さらによくなるはずです。
そう考えた場合、品質がよくて 高級なものも かなり売れる市場になる
ことでしょう。
人はお金が入ってくると、生活が変わります。生活水準の向上とともに、
「生活必需品以外のモノ」にお金を投じることが出来るようになります。


現時点ではタオバオの平均購買単価は低いですが、黙っていても上昇するは
ずです。中国人の収入増加は、僕たち日本人にとってもチャンスにつながり
ます。もしかしたら、最も中国の経済情勢の影響を受ける国は、
わが国日本かもしれません。


【18:00~19:00の電話不通について】

約1時間程度、弊社の電話が不通になりました。これは地域故障でしたので、
この時間にもしお電話いただいた方がいらっしゃいましたら、大変
ご迷惑をおかけいたしました。

光回線で、電話とFAX インターネットを使っていますので、
回線が止まるとまったく何も出来なくなりますね・・・・


【編集後記】

中国タオバオのショップに問合せしたあとの、強烈なチャット攻勢に
少々悩んでおります (^^;)

こちらは問合せだけですので、やり取りをさっさと終わりにしたいのですが、
製品情報やら、世間話などを切り込んでくる方もいますので、
パソコンがピコピコなりっぱなしです。

だいたいチャットでの問合せは、、、、僕は5箇所ぐらいが限度ですね。
何がなんだかわからなくなりますよ~




======================================================================
■発行:ライブインテグレ株式会社
■URL: http://www.china-trade.jp/
□メルマガの解除はこちら
 →http://www.mag2.com/m/0001028763.html
□メルマガへのご意見・お問い合わせはこちら
 → info@china-trade.jp
======================================================================
Copyright(c) 2009 Live Integration Co.,Ltd All Rights Reserved.



[PR] タオバオ代行

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://liveintegration2009.blog114.fc2.com/tb.php/993-b0e1e9c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。