FC2ブログ

タオバオジャパン.com 【誰でも出来る中国ビジネス】vol.125 

----------------------------------------------------------------------
タオバオジャパン.com】誰でも出来る中国ビジネス
◆Presented by Live Integration Co.,Ltd         
----------------------------------------------------------------------
【vol.125】

2月24日(水)

お疲れ様です、タオバオジャパン.com です。
パウダースノウのスキー場に行きたいなぁ~ 温泉に行きたいなぁ~という願
いがあるのですが、ここ数年行ってないですね。
あと2年は我慢かなと思っております。
ちょっと古いですけど、「欲しがりません、勝つまでは!」です。


では、本日も宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
『驚異的な売上上昇を体験中』

今日は、輸出のための作業もしながらの業務でした。
100個近い商品を輸出用に梱包するということは、けっこう身体を動かすことに
なります。まあ僕の場合には、それでちょうど良いのですが・・・
ということで、約3時間ぐらい、作業時間に充てて没頭しました。

作業が一段落し、自分の席に着くとKからの報告で、

「工藤さんが作業している間に100個売れたよ」僕はまたまた驚きました。


このところ、毎日のように売れる個数が増えています。これは最近の僕のメルマ
ガでも皆様にリアルに感じていただいていることと存じます。

本日3時間で100個です。

一日の終了時刻は、0:00です。いつものパターンですと、夜の時間のほうが売
上があがりますので、たぶん今日また、新記録更新すると思います。

ここまで来たら、これは「一過性の売上上昇ではない」と思うのですが、
皆さんはどう思われますか?

買われている方の人数もどんどん増加して、尚且つリピートの割合が高く
(たぶん国内でネットショップやっている方からすれば、信じられない短期
リピートが多いです)、
さらに一人の方が買っていく数量自体も過去の平均の倍以上になっています。


興奮しますよね。

日本のネットショップで黒字になっている率が30%以下と聞き及んだことも
ありますので、とりあえずは中国タオバオにおいて、僕たちは圧倒的な利益
体質にもっていけるように感じます。


最近の状況を思い出してみると、ポイントは旧正月にあったように思います。
この間、中国国内の物流が止まり、問い合わせだけは毎日来ていました。
チャットはOnlineにしていますので、何かしらの発言がありますと、
「ピンポン」という音がするのでわかるのです。

日本からの出品ということと、希少性を常々言っておりましたので、これも
よかったのでしゃないかと推察します。つまり「いつでもモノがある」
というスタンスではなくて、

「売れ筋だからいつ在庫がなくなるかわからないですよ」という殺し文句です。

さらに僕たちは、大量にはける可能性が高い「卸業者」をほとんど待たせて、
小売メインにやっております。そうすると、業者も仕方なく 
その価格よりもちょっとだけ下の値段でもいいから売って欲しいと来るように
なりました。

今回は、販売アイテムを3つ増やしました。
これら3品とも僕たちの独自調査で、中国で「絶対に売れる」商品です。
Twitterで何度か答えを出していますので、もうおわかりですよね (^^)


たぶん現地到着と同時に、相当のバイヤーが注目することになります。
いくらでも商品は売れる、それも想像を絶するぐらい売れる可能性を秘めて
いると思っています。

雪崩を打つように次から次へとお客様が訪れて、「ピンポン」と音を鳴らし
ます。

Kは最初すぐにわかるようにボリュームを上げていましたが、
今では極近くにいればわかるぐらいの小音量にしています。
ラジオの音楽に隠れるように 小さく「ピンポン」と鳴る響きは、僕たちに
とってすでに日常的なものとなりつつあります。


そうそう、Kの知り合いが 今回の輸出で例のサーモスを大量に準備したよ
うです。僕が聞いたときには、あちこちからの寄せ集めで苦労して集めた
と言ってましたが、どうやら一箇所からドンと仕入れしたようですね。
多分、これも中国到着前に予約入りますよ。


「人がお客さんを連れてくる」という話をしましたが、今はそんな状態で
紹介も相当多いのです。全部のお客様に100%の満足を与えているとは言
えない状況ですが、それでも大切に思っています。どうも発送先などを
見ると、どこかの宿舎みたいなところとか、超近隣の地区とか、
チャットもほとんどなく買っていかれたりとか・・・
現象面だけを捉えれば確実に誰かが紹介してくれているのだと思います。


また国内においても どうしても欲しい商品がtwitter だけで仕入れるこ
とが可能になったり、売れ筋商品のさらに安いルートをご紹介いただいた
り、ちょっと無理かなぁという要求も受け入れてくださったり・・・


本当に循環しているイメージをもてます。

果たして、国内の業務だけでこれだけの思いをすることが出来たでしょうか?
過日お伝えしたように、僕はまったく畑違いの人間で、営業しかやったことの
ない男です。
しかし、周りの皆さんが協力してくれるのです。
ああ、事業をやってよかった~と思える瞬間を数多く体験しました。
苦しいこと・・・たくさんありすぎましたけどね、でもこうやって皆さんと
対話できる今があるのですから、よかったです。

あとひとつご報告があります。

実はある案件で、中国の企業が製品を気に入ってくれて、代理店にさせて
くれという依頼がまた入りました。以前、自転車の案件があったのですが、
今回はまた違う件です。
これは僕たちにマージンはありませんが、それでも中国と日本の企業を結
ぶパイプ役が出来ればいいなぁと思い、日本側の会社に投げて、現在返事
待ちの状態です。
なんでもかんでも「お金」に変えていこう・・・ということではなくて、
双方がメリットを保てるようにしなくてはいけません。

うまくまとまれば、たぶん日本側の会社にとって、かなり大きな収益にな
るのではないかと思います。
それだけ中国側の企業はネットワークが広いからです。法務的な問題や後々
のメンテナンスなどの問題も残っておりますが、ひとつでも前進させてい
こうと尽力していきます。

【編集後記】

よく、業者さんが、
日本から中国へ連れて行く(または現地待ち合わせで)ツアーがあるじゃ
ないですか?

僕は、あれ逆のほうがいいと思うのです。

どういうことかと言いますと、
「中国から日本に」連れてくるというツアーです。

ツアーの企画なんて、誰でも作れます。
中国人の富裕層の社長さんたちを日本に連れてくるのですよ。

そして、ビジネスマッチングするのです。
国内の案内であれば、出来ますよね (^^)

「えええ?そんなの需要あるの?」と思われますね。

いやいや、あるんですよ、これが。

中国人のビジネススタイルは、「会議」メインじゃないですよ。

「会食」メインです。

僕たち・・・これもやろうとしているのです。

どこまで行くか(^^;)




======================================================================
■発行:ライブインテグレ株式会社
■URL: http://www.taobao-japan.com/
□メルマガの解除はこちら
 →http://www.mag2.com/m/0001028763.html
□メルマガへのご意見・お問い合わせはこちら
 → info@taobao-japan.com
======================================================================
Copyright(c) 2009 Live Integration Co.,Ltd All Rights Reserved.



[PR] タオバオ代行

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://liveintegration2009.blog114.fc2.com/tb.php/868-b888bca6