FC2ブログ

タオバオジャパン.com 【誰でも出来る中国ビジネス】vol.96 

----------------------------------------------------------------------
タオバオジャパン.com】誰でも出来る中国ビジネス
◆Presented by Live Integration Co.,Ltd         
----------------------------------------------------------------------
【vol.96】

1月21日(木)

こんばんは、タオバオジャパン.com です。
昨日、一昨日の二日間は、アルバイトさんを雇いました。
僕たちにとっても刺激になりますし、
事務所内の空気もどこか新鮮になりますね。28歳のKさん、
どうもありがとうございます。

さて、今日も元気に参りましょう!
 ↓ ↓ ↓
『仕入のことと、価値の本質について』

タオバオで販売するときの目安にして頂きたい「仕入価格」について、少しご
説明いたします。

仕入価格は、売価設定にかかる重要な要素ですので、例え1円でも適当に考え
てはいけないですね。国内販売にしても海外販売にしても仕入価格は、それほ
ど重要です。

長く商売をやっている方であれば、皮膚感覚でだいたいわかると思いますが、
今回は皆さんも頭を悩めている海外販売時の仕入価格に焦点を絞ります。

安く仕入れればそれがいいのは誰でもわかっていますが、なかなかそう簡単に
希望仕入価格に応じてくれるところはありません。ただご存知のように、日本
は不景気の真っ只中にありますので、現金問屋なども一般の方に間口を解放し
ているところが多く出てきました。

業者じゃなければ駄目というそれまでの不文律が失われ始めているということ
です。
現金問屋は、日本にたくさんあります。バッタ屋さんから、
スーパーマーケット形式で運営しているところまでスタイルは様々ですが、
交渉次第では仕入値段を好条件で提示してくれるところもたくさんあるのです。

皆さんが一番最初に見るのは、たぶんインターネット検索だと思いますが、
インターネットでの販売者は、特定商取法に準ずる形式で掲載する必要があり
ますので、本当に破格のお店は見つからないです。
「バッタ品」とか「バッタ屋」「卸し」「問屋」「現金問屋」などの検索ワー
ドでヒットしてくるところは、確かに多くありますが、それだと本当に欲し
い商品を有利な価格で仕入れるのはかなり難しいかもしれません。
一番いいのは、コネクションを利用して、そういう業者までたどり着くのが近
道ですが、電話帳を見て、片っ端からかけまくる方法でも見つかる場合があり
ます。

よくネットで出てくるような「卸サイト」ってありますね。
あれは、そんなに安くないです。安い商品もありますが、マイナーな商品が多
いですね。
苦労して、問屋さんを見つけたら、あとは価格です。
欲しい商品の卸値が高いか安いかの判断は、「定価に対して、何%の納入価格
なのか」を調べましょう。価格そのものがオープン価格で、判然としない場合
にはネットなどで、だいたいの売価を調べて、その値段に対して何%の価格な
のかを調べます。
これが、40%~55%(マックスギリギリで60%)であれば、商売になります。
20%、30%の世界であれば、まったく問題なしです。


ですから本当は一番有利なのは、メーカーさんです。しかし、メーカーさんは
自社で中国に進出してしまっているので、C2Cサイトで売ることは出来ません。
(モール出品なら出来るかと思いますが) しかも現地に工場があれば、現地
仕入れになって、made in china を売るしかないのです。


そうなれば、made in japanを用意できる普通の人のほうが、タオバオでの成功
率はあがります。

よって、タオバオで売るという観点では、メーカーが絶対というわけではあり
ません。

この間隙を縫って、中国タオバオで大ヒットしたのが、粉ミルクでした。

(※粉ミルクに関しては、過去メルマガで何度も書きましたので、
ここでは割愛します・・・)


それと、アクセサリーですが、日本で確実に販売できるルートのある方で
あれば、中国からの仕入は、本当に安いですね。僕の中国の友人も
「日本に向けて宝石」の輸出をしていますが、破格です。そんな安い値段で
提示していいの??というぐらい安い値段なんですね。

こういう実態を知ると、宝石の価値って ブランドの価値が相当部分を
占めているのだなぁと感じますよ。



そう言えば、価値って「人」が決めているんですよね・・・

先日、化粧品のコンサルタントの方にもお会いしてお話を伺いましたが、
化粧品は安いから売れるのではなくて、高いから売れるのだという持論
をお持ちの方で、お話を伺って妙に納得しました。桐の箱に入った化粧
品が、それだけで価値を跳ね上げているという例もありますからね。
化粧品って、原価はかなり安いようで、そこに「人々の欲求と優越感の
誇示とブランド価値が加味」されて価格形成がなされているとのことで
した。


ですから、化粧品業界の裏の裏を知っているような人から見ると、実際には
とんでもない安い原価で、膨大な利益を取っているのだから こんな美味し
い商売はないよね・・・とのことでした。

なるほど・・・なんでもない白地のTシャツにブランドのタグがついて、
ロゴが入るだけで、数千円、数万円となってしまう・・・ということもまさ
に同じ論理ですよね。
白地のTシャツを一枚80円?で仕入れて、プリントして500円で売ってる
・・・っていう人もいましたね。

いろいろな商売がありますが、こういう「仕掛け側」に回るのも楽しそうです。


【ご報告】

前回香港経由で送った商品は、すでにほぼなくなりました。
もっとペースをあげる必要があります。
買いたい人がたくさんいるのに、在庫を切らしてしまうっていうのは、どうも
納得いかないですが、予想をいつも上回るので、僕もいい意味で裏切られて
います。

さて、だんだんと人材の必要性を感じつつあります。

アルバイトの時給も明確に書いていない弊社の募集文に すでにたくさんの
人から応募があります。

中国と日本の難易度の高い大学を卒業した人などが、応募してくるのです。
面食らいます。
中国語を話せる日本人がいいのか、日本語を話せる中国人がいいのか、
悩んでしまいます。



【編集後記】

我が家では夏でも冬でもお風呂に入浴剤を入れるようにしています。
特に寒い季節は、お風呂は「至福の時間」で、思わず「はぁぁぁ~~」と
なりますね。

お風呂の香りで好きなのが、「檜の香り」です。
あと、草津温泉の元の香りが好きなのですが、あれ・・・硫黄成分が多いので、
前にアクセサリーつけたまま間違って入ってしまって、色が変わってしまった
経験がありますよ。

硫黄ですからね、、、皮膚も溶けるかもしれないし・・・

今日は 「桃の香り」でいきます。


======================================================================
■発行:ライブインテグレ株式会社
■URL: http://www.taobao-japan.com/
□メルマガの解除はこちら
 →http://www.mag2.com/m/0001028763.html
□メルマガへのご意見・お問い合わせはこちら
 → info@taobao-japan.com
======================================================================



Copyright(c) 2009 Live Integration Co.,Ltd All Rights Reserved.
[PR] タオバオ代行

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://liveintegration2009.blog114.fc2.com/tb.php/757-0b7265c4