FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] タオバオ代行

チャイナトレード.jp 【誰でも出来る中国ビジネス】vol.253 

----------------------------------------------------------------------
チャイナトレード.jp】誰でも出来る中国ビジネス
◆Presented by Live Integration Co.,Ltd         
----------------------------------------------------------------------
【vol.253】

8月2日(月)

お疲れ様です。チャイナトレードJP です。

今年も残すところあと5ヶ月です・・・このように書くとけっこうドキッと
しますよね。

ご家族のある方、彼氏彼女がいる方は、夏の思い出はいかがですか?

関東圏の方は、是非千葉県の「ドイツ村」にお越しください。ここは敷地内
を車で移動するぐらいの広大な土地なのですが、けっこう楽しめます。
かぶとむしの森という場所もありまして、クヌギやコナラの木がたくさん
ありますので、よほど運が悪くなければ、確実にかぶとむしがゲットできま
す。(なるべく歩道に沿って、奥までいきましょう)


それと、ぐるっと回りますと、噴水がある深さ30cmの水遊びができる池が
ありますので、お子さんは水着をもっていくとかなり喜ぶでしょう。
(まぁ、水着なしでもそのまま入ってしまえばいいのですが。)
千葉県はけっこう遊ぶところがありますので、是非来てくださいね~


はい、では8月スタート。本日も宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
『お盆ぐらいから秋物仕入れ』

タオバオなどで仕入れをして、アパレルを販売されている方は特にご覧くだ
さい。(一番アパレルの方が多いので)
転売のリズムを考えた場合、特に早く動く必要があると思っております。


まずは、販売媒体から考えてみましょう。


ほとんどの方が、ヤフオクをコアスペースとして活動されているかと存じま
す。ヤフオクの特性上、例えば出品したそばからどんどん落札されることは
まずありませんので、ひとつの商品を売るまでのサイクルが3日から5日程
度ではないかと思います。



一ヶ月ごとの売上計画を立てる場合、出品したものが例えば平均4日で落ち
ると過程しますと、月曜に出品スタートしたとして、木曜日に一度落ちて、
木曜に再出品して、日曜日に再度落ちるという計算を立てます。



この流れを一週間でルールのように決めていくのは、スケジュール的なもの
とか売上計画面から考えても難しくなります。
そこで、月曜にAを出品して木曜に落ちる。(仮定)
火曜にBを出品して、金曜に落ちる。(仮定) 水曜にCを出品して、土曜
に落ちる。(仮定) 以下連続・・・・



このようなスタンスで売上の連続確保をしていく必要があります。
出品⇒落札⇒再出品、出品⇒流札⇒再出品、新規仕入れ⇒出品、このような
感じで、システマティックにやらなくてはならないことを体系化して、
売上が毎日計上できるようになってくると、ヤフオクなどを利用した仕事で
でも幅を奥行きを考えながら、戦略が必要になってきます。



販売媒体であるヤフオクの特性上、上記の流れをきちんと組んでいき、平均
的な売上が毎日出るようにするためには、毎日の出品(再出品)が必要に
なってきますし、この作業を1週間止めれば、おそらく売上もガタンと
下がります。



つまり特性上から考えれば、「連続作業」をしていく必要があるということ
です。連続作業には、「新規商品」の割合をある程度初期段階は高める必要
があるために、「次の商品チョイス」というものを常に意識しなくてはいけ
ないのです。



上記の観点から、今 「秋物」をピックアップすべきだということになりま
す。



次に、仕入れから到着までのタイムラグの面から考えてみましょう。
僕たちが今、実態把握しているのは、特に中国からの輸入は昨年に比べて、
どうも勝手が違ってきているような気がするのです。簡単に言うと、税関が
厳しくなってきた??ように感じるということです。
少しずつですが税関対応のテクニックを高度にする必要があります。



もし皆さんが、中国や外国から品物を購入したときに、
「認定手続開始(輸入車等意思確認)通知書」という文書の紙が届いたら、
それは日本の税関で没収の可能性がありますよ、という通知ですので、
ある程度覚悟しなくてはいけません。



今、とにかく、シャネルとかグッチ、ルイ・ヴィトンなどは、そのマークが
見えるだけでも税関職員の好機の目に晒すことになりますので、デリケート
な商品はよく検討されたほうがいいと思います。



中国税関も日本の税関もなんとなくですが、以前より厳しくなっている可能
性があります。



僕たちは、発送時よりかなり気をつけているのですが、それでも止められて
しまうことがあります。



そうなりますと、けっこう大きなタイムラグが生じますし、またショップ数
がやたら多い場合でも時間的なラグが生じる場合があります。
発注してから、届くまでの期間というのは、短ければ短いほどいいのですが、
諸般の事情があって、なかなか思い描いたとおりにならない場合もあります。



国内からの仕入れ、ドロップシッピングなどであればいいのですが、
中国からの仕入れですので、この到着までの時間も機会損失に繋がり得る
リスクと捉えてもよろしいかと思います。



上述のとおり、販売特性による売れるまでの時間差異、および仕入れるまで
の時間差異を考慮すれば、夏本番時に動かなければ秋物商戦に乗り遅れてし
まう傾向があります。



この一連の流れを1年間通して体験すれば、なんとなく読めてくるのですが、
それまではどうしても目先の在庫を処分して、目先一ヶ月ぐらいの計画ぐら
いしか意識できませんので、暑い日には、夏物、夏物、となってしまいがち
です。



販売するということは、相手は消費者ですから販売者都合ではなく、
消費者の目線で考えていく必要がありますよね。



仕入れと販売というのは、対ですので、特に現金の出入りがまったく逆です
から、販売優位に考えがちです。



でも 中古品を扱っているお店でもコンビニなどの新鮮なものを扱っている
お店でも「仕入れ」ってとても大切なのです。



用は仕入れと販売のバランスが取れていれば、必ず資金が回るようになって
きますので、仕入れと販売をしながら次の新しい商品へ着手する気持ちにも
なれるのです。


それがうまくいかないと沈滞してしまって、先に進まなくなってしまうので
すね。


前にも言いましたが、今ある在庫に固執するのではなくてマーケティングし
て、新しい商品に着手していったほうが早い場合が多いです。

頑張りましょうね!


【編集後記】

8月って消費意欲が削がれる要素もあると思いますが、ボーナスも支給され
休暇のある企業が多いために、消費はそんなにガタンと下がらないと
思うのですが、どう思います?

ニッパチ景気なんて、よく言われましたけど、
2月はなんとなくわかるのですが、8月の業績落ち込みがあまり
よくわからないです。

僕は夏が大好きだから気持ちが燃えるから
今まで気にしていなかっただけかも?



======================================================================
■発行:ライブインテグレ株式会社
■URL: http://www.china-trade.jp/
□メルマガの解除はこちら
 →http://www.mag2.com/m/0001028763.html
□メルマガへのご意見・お問い合わせはこちら
 → info@china-trade.jp
======================================================================
Copyright(c) 2009 Live Integration Co.,Ltd All Rights Reserved.



[PR] タオバオ代行

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://liveintegration2009.blog114.fc2.com/tb.php/1061-4f7a0f62

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。