スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] タオバオ代行

チャイナトレード.jp 【誰でも出来る中国ビジネス】vol.244 

----------------------------------------------------------------------
チャイナトレード.jp】誰でも出来る中国ビジネス
◆Presented by Live Integration Co.,Ltd         
----------------------------------------------------------------------
【vol.244】

7月20日(火)

こんばんは。チャイナトレードJP です。

皆さん、連休はいかがお過ごしでしたか。
僕は毎日、「中国 中国」と騒いでおりますが、実際には純日本的な考えの
持ち主です。日本が優れている点は数多くありますので、ビジネスとしては
双方の良いところが上手く融合されたらいいなあと思っております。
文化交流も含めて、もっと日本と中国が接点を持つといいですね。



はい、では今週もよろしくお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
『上海が世界一の金融マーケットになると本気で思っています』


上海には、1900万人が住んでいます。
古さと新しさが混在している不思議な都市です。
中国全体のGDPの5%は、上海で稼ぎ出されていて、一人当たりGDPも
全国平均の3倍もあるのです。



おりしも上海万博が開催され、今まで以上に都市は活性化し、今後も多数の
企業の受け皿となっていくことでしょう。
記憶に新しい2008年の世界株価同時暴落のあと、世界中の金融市場は、
未曾有の危機に陥りました。



僕もこの2008年は、一生忘れることがないでしょう。
21世紀少年では、「血の大晦日」という言葉が使われましたが、
僕にとっての2008年は、「血の2008」だったのです。



では、このとき中国・・・特に上海はどんな戦略にでたかと言いますと、
約30の金融機関の採用担当者を連れて、NY、シカゴ、ロンドンなどの
金融機関向けに「人事採用説明会」を開いたのです。



優秀な金融担当者といえども あの暴落にはさすがに勝てませんでし
た。各国の金融機関のセールスマンやディーラーは、かつてない規模の
リストラを受けました。



そこに着目したのが中国なのです。



普通ではありえない方法で、優秀な人材を確保し、中国金融機関に抜擢
していきました。


徹底した人材ハンティングの甲斐あって、中国の金融機関は一気に技術と
ノウハウを手にしました。


日本や米国、欧州が喘いでいる中で、中国は金融セクションにおいても
大成長を遂げ、今では株式売買代金において、「東京証券取引所」を抜き、
世界第3位のマーケットに成長しました。



ちなみに東京の人口は、現在1303万人です。
遅かれ早かれ、上海の人口は、東京の倍ぐらいになるでしょう。



東京で働いている金融関係の人たちは、「東京は世界の三大金融マーケット
のひとつ」と思い込んでいます。

でも もう違うのです。
日本の円の動きも東証株価も世界中から注目されていますが、いまやもっと
注目されているのは、上海です。




先日、メルマガ内で、上海が株価急落したから日本も・・・という話を
しましたが、これ事実ですので、暇な人は是非ご覧ください。


上海マーケットは、株価もコモディティ市場も日本の重要な指標となって
おりますので。


上海が金融世界一になって、物価が上昇して、・・・となったとしたら
なんとなく「高嶺の花」みたいに勝手に妄想してしまう人もいるでしょう。
全然そんなことはありません。



東京でも 人がめいっぱい密集しているように思われますが、それは
あくまでもビジネス人口です。東京で働く人が多いということですね。
関東であれば、埼玉、千葉、茨城なども余裕の通勤圏です。ですから、東京
では「働く人が多い」ということです。



上海も出稼ぎ的の人も多いですし、遠いところから通勤している人も
とても多いです。
ビジネスをやる場所として、お金も人も集まるということなのです。



かつて僕は「日本橋」で勤務しておりました。
かと言って、この極近所に住んでいた同僚は、ゼロ人です。誰もいません。
みんなそれぞれ通勤に時間をかけて通っていたのです。



僕は内陸部にも魅力を感じておりますが、でも人が多く、可処分所得が高
く、日中人口が多く、これから大きな発展をまだまだ遂げるのは上海だと
思っております。



上海には・・・進出しなくてはいけない



ぐらいの感覚を持っていますよ。

金融セクションで高額の給料を持っている人たちって、皆さんはどんな
印象をもたれますか?



なんだかとっつきにくいように思われる方も多いことでしょう。

でも僕は、断言します。

彼らほど、「脇が甘い人種」はいない (^^;)

つまりね、モノを売りやすいのですよ。



【編集後記】

サランラップの上にご飯を乗せて、丸めておにぎりをつくります。
そして、周りにゴマ塩をかけて、海苔を巻いて、バクバク。

こんな簡単な食事が好きです。

コンビニで、でっかいカップラーメン売ってますよね。

僕、おにぎりの巨大な奴をつくってほしいですよ。

「メガにぎり」とかいう名前で。


具はね、たらこですよ。



======================================================================
■発行:ライブインテグレ株式会社
■URL: http://www.china-trade.jp/
□メルマガの解除はこちら
 →http://www.mag2.com/m/0001028763.html
□メルマガへのご意見・お問い合わせはこちら
 → info@china-trade.jp
======================================================================
Copyright(c) 2009 Live Integration Co.,Ltd All Rights Reserved.


[PR] タオバオ代行

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://liveintegration2009.blog114.fc2.com/tb.php/1051-ec8d20ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。