FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] タオバオ代行

チャイナトレード.jp 【誰でも出来る中国ビジネス】vol.239 

----------------------------------------------------------------------
チャイナトレード.jp】誰でも出来る中国ビジネス
◆Presented by Live Integration Co.,Ltd         
----------------------------------------------------------------------
【vol.239】

7月13日(火)

お疲れ様です、チャイナトレードJP です。

まだ梅雨明けしていないのでしょうか。急に涼しくなって、夏が来る前に
晩夏を迎えた錯覚を起こしました。
昨日、チャットをしていたときに、MLMについて暗に批判的なことを
言ってしまいました。「ハッ」と気づいたときには遅くて、この人・・
MLMを真剣にやっている方だったのを忘れていたのです (^^;)
口は災いの元・・・ですね。

はい、では今晩も宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
『タオバオからの購入の手順を再度』

メルマガの内容は、mixi にもアップしているためか、いろいろとお問
合せを頂きます。
初期の頃と比べると若干手順が変わっていますので、戸惑うお客様も多いと
思われますので、再度整理してみました。



お客様がスムーズに代行を依頼するための簡単な手順を示しますので、
迷われたら是非読み返してみてください。



1、最初は何をおいてもタオバオのメインサイトからスタート
http://www.taobao.com/
↑これが、タオバオのメインサイトです。

http://search.taobao.com/
↑これが、タオバオの検索サイト(google みたいなもの) です。

通常は、上のほうのメインサイトから、商品を選びます。どんなものが買い
たいかがある程度決まっている場合には、サイト内にある「捜索」という
検索窓に、検索ワードを入れてみましょう。
例えば、「rienda」を買いたいのであれば、そのまま入力すればいいです。
検索窓にある程度文字を入力すると、検索の多いキーワードがズラリと
並びますので、あたりをつけることが出来ます。



2、比較検討する
タオバオである程度の商品物色をしながら同時進行で、やってもらいたい
ことが、ヤフオクなどで売れているかどうかのチェックです。
ヤフオクはURLはいらないですよね。Yahooのトップページの上に
「オークション」というのがありますから、それをクリックするとヤフオク
が登場します。
商品を検索すると書いてある隣にやはり検索窓がありますので、同様に
キーワードを入れて、商品の動向をチェックします。
売れているのか、入札があるのか、だいたいの落札価格はどれぐらいなのか、
などの簡易的な情報を入手するぐらいで十分です。
そして、ヤフオクで売れている商品と自分が狙っている商品が合致すれば、
価格差を考えます。



例えば、ヤフオクでAという商品が5000円で売れていたとします。
同じ商品がタオバオで70元だったとすると、円換算でだいたい980円で
すから、十分に転売益が狙えますね。

見る順番は、最初にヤフオク、次にタオバオでも 
最初にタオバオ 次にヤフオクでも どっちでもいいです。


でも「タオバオ」を見慣れてほしいので、なるべく多くタオバオをチェック
するようにしてほしいのです。

もちろん翻訳サイトを使ってもいいです。


でも意味の通じない翻訳で変なストレスを感じる方は、翻訳なしで毎日見る
ようにしてみましょう。

すると・・・


不思議なことに、1ヶ月ぐらいすると、中国語が読めるようになります。
読めるというか、意味がわかるようになってくるのです。
(これ、うそじゃありません、まじで)



3、商品をピックアップする
ピックアップする場所は、もちろんタオバオからです。
その際に、メモ帳やExcel などに ショップ名、URL、希望個数、
単価などを記入しながらだとあとで 修正も楽です。

商品選びと予算との兼ね合いを考慮しながら計画的に買い物をしたい方は、
是非、弊社の「タオバオ購入代行オーダーシート」というExcelファイル
をご希望されてください。

こちらは、個数と単価を入力して、ご自身でだいたいの「重量」を予測でき
るのであれば、だいたいのトータル金額を知ることができます。
(慣れてくれば、簡単です)

購入する商品が決まったら、

http://www.china-trade.jp/form-kounyudaikou.html

↑こちらの無料見積フォームにご記入頂ければ、弊社で算定します。

お客様がご自身でExcel ファイルにご記入されている場合は、これは
とても助かります。
それ以上に、上記の 「タオバオ購入代行オーダーシート」に予め書いて
くださると、もっともっと 助かります。

※商品ピックアップのコツは、何よりもショップ選びを重視すること
です。気に入ったショップからのまとめ買いが一番得です。
よって、最初は売りたいカテゴリを決めたほうがいいと思います。
「アパレル」「玩具」「電子機器」こんな感じで、カテゴリを決めれば、
ショップ選びも絞れてきます。



4、イニシャルデポジットの金額提示
今は、在庫確認にあまりにも意味をなさないことがわかっているために
特別な事例を除いては、イニシャルデポジットで、概算見積を出します。
提示金額をお振込み頂ければ、ファイルをオペレーターに転送し、
いよいよ買い付けとなります。

案件が多いときや 国全体が休み、EMSが休み・・・などの事情も
あって、場合によってはお待たせする場合もあります。
今の時期は、日本の税関が一番混雑する時期です。
一時よりも中国の通関は早くなりました。

見積の段階で過度な修正がある場合には、他のお客様のこともあります
ので、案件を見送る場合もございます。

デポジットのお金は、
95%以上が、結果入れていただく金額多いということになるのですが、
余ったお金はご返金またはプールとなります。




5、買い付け実行後

買い付けが実行された後は、お客様にその旨を報告します。
同時にショップからEMSに向けての発送が準備されます。
各ショップから買い付けた商品がEMSに揃った段階で、再梱包されます。
そして、再計量され、弊社に報告があります。
その報告は、ほぼ出荷報告と同義ですので、弊社よりお客様に対して
清算ファイルを送信します。



6、清算ファイルが届いたら、あとは3~5日待つのみ

清算ファイルを送信するときには、追跡番号をお知らせいたします。
追跡番号は、
http://www.post.japanpost.jp/int/ems/delivery/index.html
こちらのサイトに入力しますと、荷物がどこまで来ているのかが
わかります。便利ですので、ブックマークしておいてください。


このような流れです。





(よくある質問)

1、サイト内に書いてあります EMSというのは、あくまでも中国国内の
飛行機輸送のことですので、国際送料とは違います。よって、この項目は
無視してください。
2、○元―○元と価格表示がされている場合には、その下のサイズや色など
をクリックすることで、正確な値段を知ることが出来ます。

3、国内送料は、ショップ数が多いほどコスト負担になります。例えば、
7ショップからですと、7箇所分の送料がかかります。
つまり、各ショップから日本に発送ではなく、各ショップから一度EMSに
発送されて、再梱包され日本に出荷という流れです。ショップ数が多ければ
EMSまでの国内送料がすべて負担になります。(例外もありますが)

4、ほとんどが即決価格設定です。
まれに、本当のオークションの商品がありますが、弊社はその落札補助は
いたしかねます。

5、本物を買いたいという申し出もあり、ご質問も多いのですが、弊社では
本物かコピーかの判断までは行っておりません。ただし、生粋の本物を
扱っていて、しかも格安のショップはございます。一生懸命見つけましょう。

6、けっこう輸送に苦労する商品、、、それは何かというと、
靴なのです。靴は箱も大きく、しかもけっこう重量が嵩みますので、
費用対効果の計算をよくされたほうがいいと思います。EMSがもっとも
警戒するのは、NIKEのシューズです。

7、EMSで送れる大きさの規定もあります。
最長辺が150センチ以内で、30キロ以内と覚えておきましょう。



8、税関で止まった場合はどうするのか?
これは中国側で止まる場合と日本で止まる場合の二つが考えられます。
特に後者の場合には、ご自分の判断のみで、対応されずに必ず弊社に
ご一報ください。

10、補償について
中国から「輸入」をするのですから、数多くの場所をぐるりと回って
やっと到着します。特に特別ルートの場合には、かなりの長旅になります。
さらに、航空貨物にしても船便にしても 日本の宅急便のように丁寧に
荷物を扱ってくれるところは、まずありません。
よって、あまりにもデリケートな商品は輸入品目に入れないほうが
無難です。もちろんそういう商品をきちんと輸入する方法はあります。
ただしロットが必要ですし、若干コストもかかります。
輸送時破損がおきやすいのは、各ショップからEMSまでの間です。
ここで、けっこう杜撰に扱われますとダメージを受ける場合もあります。
補償は、まずありませんので、デリケート商品の場合は気をつけましょう。


【編集後記】

そういえば、キーボードをパチパチ一日中打っているので、

指は太ってないです。






======================================================================
■発行:ライブインテグレ株式会社
■URL: http://www.china-trade.jp/
□メルマガの解除はこちら
 →http://www.mag2.com/m/0001028763.html
□メルマガへのご意見・お問い合わせはこちら
 → info@china-trade.jp
======================================================================
Copyright(c) 2009 Live Integration Co.,Ltd All Rights Reserved.


[PR] タオバオ代行

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://liveintegration2009.blog114.fc2.com/tb.php/1046-722bdf6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。