FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] タオバオ代行

チャイナトレード.jp 【誰でも出来る中国ビジネス】vol.233 

----------------------------------------------------------------------
チャイナトレード.jp】誰でも出来る中国ビジネス
◆Presented by Live Integration Co.,Ltd         
----------------------------------------------------------------------
【vol.233】

7月6日(火)

今日も一日お疲れ様でした、チャイナトレード.jp です。

最近、JUJUがカバーした「Hello Again」が素晴らしく心地
よく、ゾクゾクしてます。歌が上手い人はいいですね~


それから もっと魂を揺さぶられるのが、西野カナの
「会いたくて会いたくて」でしょうね。これ、号泣シングルとの呼び声も
高い スゴイ歌です。たぶん一度聞いたら、ぐわんぐわん来ると思います。



このところ、ストレートな歌詞が多くなっていると思いませんか?
斉藤和義の「ずっと好きだった」もそうでしょ?



これはですね、時代背景もあると思います。閉塞感からすっきり抜け出した
いみたいな感覚です。たぶん政治の街頭演説なんかでも一般の人がわからな
いような言葉を使わないで、よく噛み砕いた表現でストレートに言った方が
国民に伝わると思います。


と、いうことで 本日も宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
『連想の連鎖と アニメ

今月から中国人向け個人観光ビザの発給要件が大幅緩和となりました。
実はちょうど1年前に個人観光ビザは解禁されていたのですが、対象が
北京、上海、広州の住民のみで、年収が25万元以上の富裕層が限定でした。



今回の大幅緩和では、発給対象地域が全国に拡大し、大手クレジットカード
のゴールドカードを持っていれば、年収が6万元ぐらいでも可能となったの
です。


さてここで皆さんと一緒に連想してみましょう。
ズバリ、どうなりますか?



まぁ、当たり前ですけど、中国人の日本への旅行者が増加する
儲かるのは、旅行会社、都市圏のホテル、有名な温泉宿など・・・最近は、
医療観光なども流行しているので、有名なお医者さんなども・・・



僕は個人的に、百貨店が少しよくなるのではないかと思っています。以前
から中国人観光客向けに 中国語の話せるスタッフを配置してますからね。



あと場所的には、秋葉原とか渋谷(109)などがすこぶるよいでしょう。



まだ憶測の段階ですが、この解禁によって、少なく見ても旅行者は
10倍になるといわれています。
そして以前のメルマガでも書きましたが、世界でもっとも旅行先でお金を
落とす(買い物をする)のは、中国人です。



確か少し前に、中国人旅行者が100万人になりましたね。そして平均の
買い物が80000円でしょう。ということは、800億ですよね。
これで旅行者が10倍の1000万人になったと仮定すれば、下手したら
1兆円規模の新需要が創出される計算です。



ひとつの巨大な産業が勃興するのを同じ効果です。



今日、同様に中国関連ビジネスをやっていらっしゃる社長さんとお話をした
のですが、中国の大元の旅行会社を押さえることが出来れば、物販店をやる
のがいいね~とおっしゃってました。



つまり、中国人に人気の高い家電や電子機器、化粧品、アパレルなどを
専門に集めて、大元の中国旅行会社と提携して、バックマージンつきで、
このショップに中国人のお客様を連れてきてもらうという方法です。



確か・・・韓国などでもこのスタイルがありますね。
韓国の場合、タクシーの運転手なのですが、スーパーコピーのお店に
日本人を連れて行って、売上があればマージンバックでしたよね。




まぁそれよりは、もうちょっとスマートにやれれば、面白いでしょう。



いくら情報が発達しているからと言っても 中国人を案内するのは、
やっぱりそれなりに大きなデパートとかになるのでしょうね~



僕は個人的に、観光なのですから、日本独自の文化に触れてほしいなぁと
思います。



築地なんてどうでしょうね。



あの場外市場で、おいしい刺身を食べてほしいと思いました。




それから「アニメ」のことなのですが、、、
今、中国では、政府がアニメ産業に力を入れてますね。あの温家宝首相が
「中国国内のアニメ産業をもっと拡大させていきたい」と公言しているほど
の力の入れようです。



何しろ、中国における「10大重点産業」のひとつがアニメ産業ですから、
驚きです。



政府が後押ししてくれるほど、中国では商売がやりやすいです。



一昨年の時点で、すでに1兆4000億円規模の産業となっており、昨年
公開されたアニメ映画の「喜羊羊と灰太狼」は、配給収入が役15億円の
ヒットとなって、いっときは社会現象を巻き起こしました。



自国のアニメをヒットさせるために政府は徹底サポートしています。
今は、ゴールデンアワーの外国アニメ放映は禁止ですもんね。



すごいなぁって思いますよ。


現在、中国にはアニメを扱う企業が5400社あるといわれています。
国が後押ししているビッグ産業ですので、企業もインフラ整備を一気に整え
超ビッグヒットアニメを虎視眈々と狙っているのです。



日本はアニメ大国ですが、マネから生じた 中国独自のキャラクターが
世界に飛び立つときが来るでしょう。



感覚的には、韓国も中国も 日本的アニメの要素を充分に理解しているはず
です。つまり米国や欧州などとは全く違う文化の中にある 



「独自の世界観と感性」です。


僕は個人的に、「三国志」の本格的なアニメが見たいです。

というか、 中国が「三国志」をつくるべきだと考えています。

まぁ、きっと出てくると思いますけどね (^^)


【編集後記】


また髪の毛がもうもうと伸びてしまいました。

前髪はすでに 下唇のあたりまできています。

床屋って10分で終わるのですが、どうも面倒で先延ばしにしてしまいます。
そういえば、最近髪の毛が柔らかくなってきたような気がしますね~

ストレートだったのに、ちょっと伸びると やんわりとウェーブも
かかってますよ。

なんで?



======================================================================
■発行:ライブインテグレ株式会社
■URL: http://www.china-trade.jp/
□メルマガの解除はこちら
 →http://www.mag2.com/m/0001028763.html
□メルマガへのご意見・お問い合わせはこちら
 → info@china-trade.jp
======================================================================
Copyright(c) 2009 Live Integration Co.,Ltd All Rights Reserved.



[PR] タオバオ代行

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://liveintegration2009.blog114.fc2.com/tb.php/1040-fa93eff6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。