FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] タオバオ代行

チャイナトレード.jp 【誰でも出来る中国ビジネス】vol.231 

----------------------------------------------------------------------
チャイナトレード.jp】誰でも出来る中国ビジネス
◆Presented by Live Integration Co.,Ltd         
----------------------------------------------------------------------
【vol.231】

7月3日(土)

今週も一週間お疲れ様です、チャイナトレード.jp です。

今日現在で、堀江貴文氏の「拝金」というブックがトップセールスアプリの
第7位になっています。半ば自叙伝的な内容で、本屋でも平積み置きされて
いますね。

僕、まだ読んでませんが、今 かなり気になる本です。


では、こんばんもよろしくお願いいたします。

※今日は 中国ビジネス関連ではありません。すみません。
 ↓ ↓ ↓
お金とのつきあい方』



僕はどちらかと言うと、裕福ではない家で育ちました。


宇都宮の片田舎で、よく言えば穢れなく、悪く言えば、平々凡々とした生活
を送っていたのです。


人間って努力すれば、よくなるもんだなと思った最初の悟りは、テスト勉強
でよい点数が取れるようになったときです。勉強のやり方がさほどわからな
かった僕は、暗記科目だけではメキメキ成績があがっていきました。



頭に叩き込むということは、何をすればいいのかということがわかってきた
のです。科目は世界史でした。今、書店で復刻版が売れている 山川出版の
世界史の世代です。



徹底的に教科書を読み、重要な言葉を紙に書き、一問一答を解き・・・
そうです。僕の暗記方法は、丸暗記方式でした。時代背景や関連付けなど
一切せずに大切だと思われる年代や単語という選り好みをせずに とにかく
丸暗記です。ですが、この方法でも実力テストなどでは常に上位に来るよう
になりました。



次の悟りは、営業マン時代の経験です。


人より多く電話をかけまくり、人より多くの資料発送をし、人より多くの
手紙を書きました。見込み客などは、通常ペースの5倍の数を集めました。
セールストークも先輩から盗み、自分で味付けをしながら、とことん
クロージングをかけました。


同期で一番成績の悪かった僕が、たったの2年で上司をぶち抜き、最年少の
管理職となったのです。



勉強も仕事も「努力次第」でなんとでもなるんだな・・・



こんな風に思っていました。



証券の世界では、証券2種と 1種という試験があります。
これも得意の暗記で4週間の勉強で突破しました。1種に関しては、信用取
引やオプション取引なども出てきますので、けっこう難しいと思います。



努力すれば、必ず夢は叶うもの・・・とも思っていました。



年収と地位がどんどんあがりました。堀江氏が社長時代に表向きもらってい
た年収の2倍の年収があったのです。


言葉は悪いですが、100万の買い物をしても 「あ、買っちゃった」ぐらい
のマヒを起していました。



あのとき、僕は神様から試されたんじゃないかなと 今でも思っています。
お金の本当の味を知っているかどうかを、金の恐ろしさを知っているか
どうかを・・・」



僕はそのときに気づくべきでした。


お金には魔物が潜んでいることを・・・


人間関係には、とても大きなストレスを抱えて、頭痛もひどくなり、病院に
通院したことが何度もあります。目まいとひどい頭痛で立っていられなくな
り、会社で倒れてしまい、救急車を呼ばれたこともあります。



数字と人間関係、そしてマーケットの大波乱が続き、血圧があがったのか、
原因不明ですが、突然大量の鼻血が止まらなくなりました。
ティッシュをひと箱分 全部使い切っても止まらず、逆流した血がまるで、
吐血でもしたかのように口からも噴出しました。



ただ「出た」などという生易しいものではありませんでした。



噴出です。
結局、僕は入院することになりました。



鼻腔内の診察を受けているときに、突然気持ちが悪くなり、横たえられた
ベッドで、「気持ち悪いです、先生!!」と騒ぎながら、一気に記憶が途切
れました。



僕は失神してしまったのです。



気を失うという経験は、生まれて初めてでした。



失神というのは、辺りが急に暗くなるのです。経験のある方であれば、
おわかりだと思いますが、一気に映像がブラックアウトして、最後の最後で
は、かすかに聴力だけが残っています。



先生や看護婦さんたちの慌てるような声が途切れたとき、僕の意識は飛びま
した。



あとから聞いた話ですが、約10分ぐらいだったそうです。


ストンと落ちる ほんの0.1秒前ぐらいでしょうか。僕は死ぬ??って
思いました (^^;)



入院してたときでも 仕事が頭からはなれずに、点滴の管をつけたまま
病院の一番端っこに行っては、電話でお客さんや部下と話しをしていまし
た。自分がどんな状態になろうと、絶対に仕事を頭からはずれるような
状況ではありませんでした。


結局僕は、鼻腔内の血管を焼く手術を行いました。
これは それまで受けてきた「痛みのランキング」をすべてぶっちぎる
ぐらい痛かったです。



「おまえ、ちゃんと麻酔かけたんだろうな!」と罵りたくなるぐらいの
痛みです。



翌日、僕は術後経過など関係なく、看護婦と先生が止めるのを振り切り、
「あんたたちに俺の仕事は理解できない!」と捨て台詞を吐きながら、
勝手に退院しました。



「お風呂に入って、また血が噴出したら、どうしよう?」とか
「あの病院、ぶっちぎってしまったから、次に噴出したら、違う病院に
しないといけないな」

こんなことを考えながら、家に戻りました。

会社内でも異端児、破天荒、・・・プライベートでも輪をかけてアウトロー
でしたので、こんな事件があると、妻もあきれてました。

でも僕は他からどう思われようと、自分のポリシーとかをそうは曲げずに
反骨精神バリバリでやってきました。


でも 


国敗れて山河あり・・・でしたね。



この事件のあとは、もう すべてが歯車があわなくなって、もう
ぐちゃぐちゃでした。

そして、僕はこのあと、人生最大に落ち込んでいくのです。

それが「起業1年目」です。

稼いだお金は、あれ? という間に失われていき、やることすべてが
裏目となり、ドツボ経験をするのです。

お金が失われているスピードはですね、、、

得るスピードの何倍も早いですよ。


で、何が変わったか。

一番は、昼飯にかけるお金が100円~200円にダウンですよ (^^;)

そして、スーパーとかコンビニで、値段をチェックしながら買うになりまし
たよ。

ジェットコースターのような生き方です。

しかし この経験で、「利益」をきちんと残すことの難しさを徹底して
体験させてもらいました。

やっと僕は、お金との付き合い方がわかってきたのです。

お金をお金と思わない生き方とか 使い方をしてれば、

必ず自分に大きな痛手を与えます。

魔物の正体は、お金の中にはいなかったのです。

そう・・・

自分の心の中でしたね (^^)



【編集後記】


右手の手首からひじにかけて、ずっと冷たいです。

ひーー、これって冷え性じゃないのかな?

先日、ラブラドールに噛まれた人差し指の爪は、内出血したので、
爪の中で、血が固まってしまっています。

なんか かっこ悪い人差指になっちゃった。




======================================================================
■発行:ライブインテグレ株式会社
■URL: http://www.china-trade.jp/
□メルマガの解除はこちら
 →http://www.mag2.com/m/0001028763.html
□メルマガへのご意見・お問い合わせはこちら
 → info@china-trade.jp
======================================================================
Copyright(c) 2009 Live Integration Co.,Ltd All Rights Reserved.


[PR] タオバオ代行

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://liveintegration2009.blog114.fc2.com/tb.php/1038-c95d2e3b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。