スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] タオバオ代行

チャイナトレード.jp 【誰でも出来る中国ビジネス】vol.222 

----------------------------------------------------------------------
チャイナトレード.jp】誰でも出来る中国ビジネス
◆Presented by Live Integration Co.,Ltd         
----------------------------------------------------------------------
【vol.222】
6月23日(水)

こんばんは、チャイナトレード.jp です。
父の日のプレゼントに、アロエの植木をもらいました。次男と三男がお金を
出し合って買ってきたそうです。

手紙付きでした。思わず目頭が熱くなりましたね。僕の部屋の陽のあたる
場所に置きました。ちなみに三男は10円だしたそうです (^^)


では、本日も宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
副業しながら次代のビジネスを考えましょう』

今では大手企業でさえも「副業」を堂々と推奨しています。皆さんの中に
もサラリーをもらいながら、転売などで副業収入をあげていらっしゃる方が
大変多いですね。


朝起きて寝るまでの時間に いったいどれだけの仕事が出来るのか・・・
これを時間割的に考えるのではなくて、密度の濃い仕事でいかに
パフォーマンス重視で収益をあげられるのかが重要です。もしかしたら、
アルバイトさんでさえも「出来高重視」の時給体系が当たり前の時代になる
かもしれません。


労働時間に対して支払われる給与体系から実績に対して支払われる時代に
なってきたのです。会社のコストの中で一番多いのが通常は人件費となりま
すので、経営者はコストを収入のバランスを無理やり調整するために、
人件費カットを着々と進行しているのが実状です。



そんな中で、僕たちは、「自分たちの生活を守り抜くために」会社には頼ら
ない副業を物色するようになったのです。


特別なスキルがなくても一日 少しでも時間をつくることが出来れば、
誰でも簡単にオークションなどに参加できます。これは、一番手っ取り早
い実収入を得る手段です。


ただし忘れてはいけないのは、同一商品で永続的な収入をあげ続けるのは
難しいということです。また、「今の現状でよし」としてしまうと、
新しいアイディアが出てこなくなってしまいますので、常に「このままでは
いけない」という危機感を持ち続けることが重要です。



仕事の対価が「時間」ではなく「実績=パフォーマンス」で決められる時代
なのであれば、なおさらのこと、「自分の時間をきちんとつくりつつ」
収入が得られる方向に持っていきたいですね。



では、そうなるためにどうしたらよいのでしょう?


答えはとても簡単です。


「ひとつの挙動で、最大の効果をあげられる方法」を常に考えればよいの
です。


弊社のお客様で異業種ですが、とても頑張っていらっしゃる方から
頂いたメールの一部抜粋です。



「1人が相手でも

100人が相手でも

1000人が相手でも


どれも 1つの情報配信をするのは、労働力は一緒です。」




この文章を読ませていただいたときに、

「あ、そうだよなぁ~」と わかってはいたものの目からウロコが落ちた
ような感覚でした。



僕はこちらのNさんから何回も学ばせて頂いております。



結論では、インターネットは絶対にはずせません。


そして、サービスと情報というものが どれだけ価値があるものなのかを
市場判断に委ねられるぐらいの 「何か」を 見つけ出していこうと思う
のです。



モノと情報と人が上手くミックスされた「何か」が見つかったときに、
それは 最初はビジネスヘッジのためにスタートした副業であったとしても
もしかしたら、コアビジネスに変貌を遂げるかもしれません。


アイディアが数字につながるようになるためには、経営目線ではなく、
消費者目線で、足元から観察する必要があります。



見えそうで見えない・・・見つかりそうで、見つからない・・・
このモドカシサが 常に頭の中をぐるぐる巡っているわけですが、
ほんのちょっとのヒントから、「これは 面白いぞ!!」という
「何か」が見つかるかもしれませんね。



今、大企業となった会社も 全部 「こんなのあったらいいな」を
具現化してきた会社なのではないでしょうか。


皆さんの 「こんなのあったらいいな」は、何ですか?


【編集後記】

マイナスワードを口にすると、本当にそういう自分になってしまいます。
ですから、常に前向きなプラスワードを口にするようにしましょう。
僕自身がどんよりと落ち込んでいたときには、

まさにマイナスワードのオンパレードでした。
頭の中もそうでした。

でもなんだったかな・・・

本なのか、人との出会いだったのか・・・

いつしか次第に元気が出てきて、強気な自分に戻れたのです。
人生には、いろんな山と谷があります。

でも 最後に決めるのは 自分の心の持ちようなのかもしれません。


やる。



======================================================================
■発行:ライブインテグレ株式会社
■URL: http://www.china-trade.jp/
□メルマガの解除はこちら
 →http://www.mag2.com/m/0001028763.html
□メルマガへのご意見・お問い合わせはこちら
 → info@china-trade.jp
======================================================================
Copyright(c) 2009 Live Integration Co.,Ltd All Rights Reserved.


[PR] タオバオ代行

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://liveintegration2009.blog114.fc2.com/tb.php/1029-9cfcaf1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。