スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] タオバオ代行

チャイナトレード.jp 【誰でも出来る中国ビジネス】vol.214 

----------------------------------------------------------------------
チャイナトレード.jp】誰でも出来る中国ビジネス
◆Presented by Live Integration Co.,Ltd         
----------------------------------------------------------------------
【vol.214】

6月14日(月)
こんばんは、チャイナトレード.jp です。

朝からずっと雨でしたね。目の細かい雨でしたので、
郵便局とコンビニに行っただけでも服がびっしょりでした。
そうそう、、、実は土曜日に犬に噛まれました。近くに住んでいる黒のラブラ
ドールなのですが、思い切りやられまして、右手人差し指がハンマーで押しつ
ぶされたかのようになりました。

ものすごく痛くて、しばし動くことが出来なかったですね。動物愛護家なので、
逆襲はしませんでしたが、パソコンを多く使う仕事なので、非常に不便です。
犬を撫でるときには、いきなり頭を触るとやられることがありますので、
皆さんもご注意ください。

では、今週も頑張りましょう。
 ↓ ↓ ↓
『100を求めずに、及第点で良しとする・・・かどうか』

中国とビジネスとしていますと、品質管理や顧客満足度重視の日本型経営手法
に対して、本当に拍手を送りたくなります。やっぱり日本の企業はすごいね
という意味です。



中国から輸入をした経験のある方は、口をそろえて
「値段は安いけど、品質が・・・」と言います。
それだけならまだしも「数が違った」「色が違った」「サイズが違った」という
ことは日常茶飯事となっています。

実はこういう問題は、アパレルで一番多い・・・というか、アパレルが80%です。
この点は、別に中国のショップを落とすつもりで申し上げているのではなく、
総体的な事実としてお伝えしております。全体的には、満足度はそこそこ
あっても(安く買えたという)実際に品質面で、絶賛された方は今まで一人も
いらっしゃいません。
物凄くたくさんの案件をこなしてきたのに、一人もです。



幸いなことに、トータルで届いたものを転売していきますと、数個販売すれば
元が取れてしまうぐらいの状況ですので、大きなブーイングが出ないのだと思
います。

ちょっと悲しくなります。

どんなにファイル作成時に気をつけても、どんなにオーダー執行時に確認体制
をきちんとしていても満足のいく仕上がりになりません。

僕はこの点に関して、お客様が納得のいく説明が出来ていないかもしれません。
国民性と言えば簡単ですが、それだけではないです。「だいたい合ってれば
いいんじゃないの?」的な考えもあるのではないかと思うのです。



ですから、僕たちはお金を支払ったあとに、
「ごめんね、やっぱり在庫ない」と言われることはしょっちゅうです。
つまりチャットでのやり取りからお金の支払いに移行するのですが、
その時点まで絶対的な確認をしていないショップが多いということです。


最初のうちは、「仕方ないかな、きっとお客さんの対応で相当忙しいのだろう」
ともやもやは残りますが、ショップに対してかばってあげたりしました。

ところが、そういうことが続く、続く・・・


「これは1ショップだけの問題ではない、全体の問題だ!」

と怒りをあらわにしたことがあるぐらいです。



日本でネットショップを利用して、
このようなことってありますでしょうか。本当に超レアケースであるかも
しれませんが、滅多にあることではありません。


品質管理や在庫管理、または顧客満足度(CS)の向上を徹底追及している
日本のショップとは、また全然違うのです。


この辺りをある程度理解して購入代行をご依頼される方と、
まったく初めての方が、希望をもってご依頼される場合と・・・受け止め方に
相違もあります。

慣れた方は、そういうものだ・・・と理解していますので、どのようにして、
その損失を転売でリカバーするかと瞬時につきとめます。まったく初めての
方の場合は、ショックを受けてしまうこともあります。


ここで僕がフォローしなくてはいけないのですが、皆さんもご存知のように
、僕からのメールは、ものすごく短い文章です。1個のメールをなるべく早く
送信したいので、なるべく短い言葉で終了させています。従いまして、
フォローになっていないことが多いかもしれません。
(この点は深く 反省です)



でも元来僕は とことんプラス発想ですので、いろいろな不都合が生じた
場合でもすぐに善後策を講じて、次のステップに進んでいけるようにした
いと思います。


中国のタオバオにある210万ものショップに対して、
「もっと品質や在庫管理はしっかりしようよ」というメッセージは送れ
ません。でも きっと・・・そういったサービスの部分を強化しなければ、
競争になったときに生き残れないということがわかれば、必ず気づいて
くれるはずです。これは彼らが能動的に自らが管理強化するときに初めて
改善されることです。



現在、僕たちは、特にショップの応答に注意するようにしています。


ハートマークがひとつとか二つしかないところは、オフラインであること
も多く、どうしてもリアルタイムの接触が出来ないことが多いのです。
仮に連絡がとれても 一日のうち
深夜の時間だけ、となれば、買い付け作業をしているオペレーターが
対応できる時間を越えてしまいます。ですから、せめてオンライン
タイムが長く、評価がブルーダイヤモンド以上のショップで、
30日間で売れている商品数が多く、尚且つ収蔵(お気に入り追加)数も
多いところが望ましいです。



そうです。つまりは、水際防止策によって、ショップ選び重視にすること
によって、日本のお客様にご迷惑をかけないようにしていこうと思った
次第です。

たまに案件を頂きましても、「このショップはやめたほうがいいですよ」
とお答えしているのは、そういう理由があったためです。


あとは、写真を過信しないことです。
写真はできばえのよい写真が使い回しされています。


B級品、C級品かどうかを判断するのは、「値段」です。
この点は再三申し上げておりますが、5元は、5元の品物でしかありません。
50元は50元の品物だということです。


これは消費者の心境ではなくて、売り手の「意図」を考えるようにして
頂ければなんとなくわかると思います。

さらには、「ありえるか」「ありえないか」という二者択一で、
ご自身で答えを出してみてください。

「う~ん、こりゃありえないな」と思ったならば、 そのとおりなのです。

ありえない価格設定がされているのですから、「何か」あると思って
いただければ、幸いです。

そうすれば、買い手側も「 ま、及第点で良しとするか」という気持ちに
なれます。
もし、タオバオなどの中国ECサイトに 日本のネットショップに求める
ような100を求めてしまうと、気持ちがちょっと疲れてしまいますよ~
(^^;)


【編集後記】

今晩、いよいよ日本×カメルーンですね。これは是非皆さんご覧になって、
応援しましょう。勝敗もとても大切だと思いますが、監督と選手が一丸と
なって、戦う様子を見ることによって、アドレナリンが噴出しますので良い
ですよ。




======================================================================
■発行:ライブインテグレ株式会社
■URL: http://www.china-trade.jp/
□メルマガの解除はこちら
 →http://www.mag2.com/m/0001028763.html
□メルマガへのご意見・お問い合わせはこちら
 → info@china-trade.jp
======================================================================
Copyright(c) 2009 Live Integration Co.,Ltd All Rights Reserved.


[PR] タオバオ代行

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://liveintegration2009.blog114.fc2.com/tb.php/1018-29219b3b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。