FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] タオバオ代行

チャイナトレード.jp 【誰でも出来る中国ビジネス】vol.212 

----------------------------------------------------------------------
チャイナトレード.jp】誰でも出来る中国ビジネス
◆Presented by Live Integration Co.,Ltd         
----------------------------------------------------------------------


【vol.212】

6月10日(木)
今日も一日お疲れ様でした、チャイナトレード.jp です。

最近、我が家に「ミドリフグ」がやってきました。
どうも子供がゲームセンターで吊り上げたらしいのですが、すぐにサイトで調
べて必要器具をそろえて入れてあげました。

幸いなことに金魚やめだかを飼っていましたので、バクテリアがほどよく繁殖
した水が出来上がっていましたので、現在ミドリフグは元気に泳いでいます。

人間に慣れるみたいですね。見てるとかわいいものです。

でも動物っていいですね~

おじいちゃんになったら、フクロウか ワシなどを飼いたいと密かに思って
おります。
で・・掛け声ひとつで、食料となる肉をとってくるのです・・・・


それでは、今晩も宜しくお願い致します。
 ↓ ↓ ↓
『適度な完成品を購入して付加価値をつけて売るということ』

ヤフオクに出品されているフィギュアを検索していますと、「リペイント」
という言葉をタイトルにつけて販売されている方がいますね。これはいい
アイディアだなぁと思いました。


フィギュアは、いかに色が再現されているかも大きなポイントで、最近は
塗装技術もアップしてきましたよね。
それをさらに「自分がもっている技術」でペイントしなおして、付加価値を
つけて高値で落札させるというやり方です。



実際に写真を見ると、本当に素晴らしい作品になっているじゃないですか。
エアーブラシなどで、微妙なニュアンスや質感を表現しているのだと思い
ます。


それから弊社のお客様でよくやっている方法が、
おもちゃとか、ラジコンをタオバオから購入して、カスタマイズして販売
する方法です。
特にラジコンなどは、船や飛行機、車に至るまで全国にマニアがいますの
で、相当のアクセスがあるようです。



ガンダムのプラモデルにしても 綺麗な(というか、逆に使い込んだ感じ
を表現した)塗装を施して、販売するとか。


これらは、自分の趣味から講じた技術を利用して、価値を高めているので
すからとても素晴らしい方法です。


先日、自転車のパーツをごっそり買われた方がいらっしゃいました。

ちょっと仲良くなったので、聞いてみたのです。

「こんなにパーツだけを買うということは、もしかして自転車屋さんですか?」

「いえいえ、違いますよ。趣味の域です。」

「えええ!? そうなんですか。でもかなり買いましたね。」

「はい、中国は本体も安いですが、パーツも安いですからね。」

「もしかして、これらを転売するのですか?」

「今、自転車ってブームじゃないですか。でも日本ではそんなに安くないんで
すよ。実は前から中国からパーツ輸入していて、ある程度組んで売れば 
それなりに高値で買われます。」


「ええ、確かに我が家の近くにも自転車買取専門店とか出来たし、
けっこうかっこいい自転車乗ってる人が増えましたね・・・
ちなみにどれぐらいの金額で売れるのですか?」


「ええ、まぁ そこそこです。 そこら辺で買うよりは安いので値段がつきや
すいと思います。」


こんな感じのやり取りをしました。


そういえば、この方よりも前に自転車のパーツを買われた方が
いらっしゃって、そのときには、在庫を探すのにけっこう苦労しました。
やり取りもかなり行いました。あれから2ヶ月ぐらいですか・・・
最近では自転車パーツの取扱もよくなって、いい商品が揃うみたいです。



なんでも自転車が好きな人っていうのは、部屋にまで自転車を持ち込んで 
眺めているだけでも至福の時なんだそうです。

マンションの隣の隣の住民も すっごい自転車を持ってまして、
決して駐輪場には止めずに、マンションのドアの前にガッチリ施錠して
置いてあります。これっていくらぐらいするんだろう?と興味を持って、
サイトで見てみたら、どうやら60万円ぐらいするようです。


昔、忌野清志郎さんが乗ってた自転車が盗まれたというニュースがあり
ましたよね。あれだって、160万もするんですよ。


大衆受けするものは、広く販売が出来ますが、どうしても利益率が低い
です。

でもマニアが好むようなものは、販売数量はそんなに拡大しないかも
しれませんが、利益率がよいです。


僕が国内で販売戦略をたてるのであれば、
今の時代だったら「マニア向け商品」を発掘したいなぁと思います。


大衆路線は、価格競争で疲弊が見えていますので。


【編集後記】

自転車といえば、僕が子供の頃に流行した自転車もすごいですよ。
ライトは二つついていて、ギヤも何段あったんだろう 10段とか12段? 
バイクみたいに、テールランプもあってですね、トラック野郎みたいに、
あちこちにランプがついてましたよ。今の若い人たちはわからない
でしょうから・・・

http://www.youtube.com/watch?v=E2qTo_ui9kk


こちらご覧ください。
リバイバルで、今こそ 豪華チャリを発売したら きっと売れると思います。


======================================================================
■発行:ライブインテグレ株式会社
■URL: http://www.china-trade.jp/
□メルマガの解除はこちら
 →http://www.mag2.com/m/0001028763.html
□メルマガへのご意見・お問い合わせはこちら
 → info@china-trade.jp
======================================================================
Copyright(c) 2009 Live Integration Co.,Ltd All Rights Reserved.


[PR] タオバオ代行

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://liveintegration2009.blog114.fc2.com/tb.php/1016-7215c963

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。