FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] タオバオ代行

チャイナトレード.jp 【誰でも出来る中国ビジネス】vol.208 

----------------------------------------------------------------------
チャイナトレード.jp】誰でも出来る中国ビジネス
◆Presented by Live Integration Co.,Ltd         
----------------------------------------------------------------------
【vol.208】

6月5日(土)

一週間お疲れ様でした、チャイナトレード.jp です。
まず初めに連絡事項です。

【EMSの料金値上げについて】

EMSより通達がありまして、中国全土で料金があがったとのことです。
これで今年に入って3回目の値上げです。

1キロ・・・163.8元  
5キロ・・・351.8元
10キロ・・・550元
15キロ・・・770元
20キロ・・・990元
25キロ・・・1210元
30キロ・・・1430元

一応5キロ刻みで上記のとおりになっております。
中国からの荷物を受け取った経験のある方は、独特の段ボールで届くのが
わかりますよね。
そうです、、、黄色のテープでぐるぐる巻きです。どんな箱の大きさの
ものでも 例の黄色テープで、ぐるぐる巻きにするのですね。大きな箱の
場合、この作業だけでも5分ぐらいかかってしまうのではないでしょうか。
到着したときに開封するのが一苦労じゃないですか (^^;)

そんな人件費も料金に含まれているのかもしれません。



【当方からのメールが届かない場合がある点について】

今まではそのようなことがなかったのですが、時折「メールが届いてません」
というメッセージを頂くようになりました。

どうやらフリーメールをお使いで、尚且つ弊社からファイルつきのメールを
送信した場合のようです。今一度、info@china-trade.jp からのメールは、
受信できるように設定のご協力を頂ければ幸いです。

はい、それでは 本日も宜しくお願い致します。
 ↓ ↓ ↓
『購入→転売 あれこれ』

上述のとおり、ちょっとだけEMSが値上げしてしまったのですが、
どうかお許しください。
これは僕たちが値上げを誘発することはありません。

中国全体の物流コストが上昇しているのは、日本とは違う異質の経済成長
を遂げているからでありまして、インフレなのです。
(日本はデフレですから、ギャップを感じますよね)


それでも下記の点を少しだけ意識頂ければ大丈夫です。

1、一個の重量が相当重い商品は、それだけで転売には不向きであり、
相当コストの高い買い物をすることになります。一個の重量が軽くて、
小さなものの方が、全体送料を按分できますので、お得ということです。



2、複数ショップから買えば買うほど、コスト高になります。
どういうことかと言うと、中国国内の送料が「それぞれのショップで」
かかるからです。ショップ数が10個で、それぞれのショップから
1個ずつ買う・・・このようなことをやれば、黙っていても国内送料
トータルが100元を突破してしまいます。一回の買付におけるショップ数
は少ないほうがコストは得です。



3、商品自体はそうでもないのに、やたら箱が大きい商品は発送時に
二つの問題を抱えることになります。一つは、箱の面積(体積)が大
きいほど、到着時に箱自体に歪みが生じる場合が多いです。二つ目は、
商品の箱が大きいということは、それだけ容積が多くなりますので、
「梱包したときの箱の大きさ」がけっこう目立ちます。箱が大きいと
いうことは、それだけ税関の係官の目にとまります。商品個体の大き
さも一応チェックしておきたいですね。



蛇足ですが、オークション転売時における注意点をお伝え致します。

それは「自己防衛」を講じることです。

落札者の中には、愉快犯のような人物も居ますので、入札を見て
「怪しいなぁ」と思える人に関しては決断すべきです。
これは入札段階で決める必要があるのですが、場合によっては、
入札の取り消しやオークションの早期終了なども行います。


即決価格設定にしている場合には、入札者観察が出来ませんので、
これは速攻の自信がなければ、なるべく「オークション形式」
にしておいたほうが無難です。
落札されたあとに、取り消すことはえらい困難だからです。


もちろん即決される自信がある商品であれば、
短期間でバッと売ってしまった方が回転が効いていいですよね。


皆さんも経験ありませんか?


落札されて、商品を発送した後に、取引ナビなどで難癖をつけてくる人、
いますよね。

これはですね、クレームつけないでね、、、返品は受けないよ、、、って
言ってもダメなんです。


消費者というのは、いろいろな意味で法律に守られていますので、
やはり誠意をもった対応をすることが一番だと思います。

中には、クレーマーみたいな人も出てくる可能性もあります。

そういう場合には、馬事雑言を並べるのではなく、
理路整然と形に残るようにナビやメールなどで対応しましょう。



基本的には人間同士の取引ですから、感情的になることもあるかも
しれませんが、頭をひとつ下げることによって、金銭的解決ではなく、
「気持ちの解決」が進行する場合が多いです。どんな商取引をして
いてもトラブルとかクレームというのはつきものなのですが、
ほとんどが「感情のもつれ」が大きくなったときに大問題になっています。


自分に落ち度がなくても「謝る」ということは、
自尊心が傷つく場合もありますよね。

納得できないよなぁ、っていうこともあります。
でもそれ以上にお金を出しているのは買ってくれた人ですから、
同じように(またはそれ以上に)納得いかない気持ちになっている
ものです。だから、まずは 言い訳なしで、「謝る」のが得策です。





【週末の暴落について】

僕はもうマーケット従事者じゃありませんので、偉そうに言うのもよく
ありませんが、週末のNYは暴落でしたね。(雇用統計と欧州危機で)

3.15%の下落となれば、月曜の日経平均株価が心配です。またギリシャに
ついで今度はハンガリーということで、国家単位の財政危機が騒がれてい
ます。ハンガリーの件がもっと明るみに出ますと、ユーロはもっと
下落します。


こうなってきますと、ギリシャ→ハンガリー→ 「次の国はどこ?」 
という連想がなされます。
こういう場合の株価は 思い切り先行しますので、早いんですよね。

でも 覚えておいてくださいね~
クラッシュ! クラッシュ! クラッシュ! で 

「うわ、まじかよ・・・」って絶句するような大暴落があったとき、
「株は買い」です。

でも まだ 「うわ、まじかよっ!!」って 
日本の国全体が大騒ぎしてません。
従いまして、まだです。






======================================================================
■発行:ライブインテグレ株式会社
■URL: http://www.china-trade.jp/
□メルマガの解除はこちら
 →http://www.mag2.com/m/0001028763.html
□メルマガへのご意見・お問い合わせはこちら
 → info@china-trade.jp
======================================================================
Copyright(c) 2009 Live Integration Co.,Ltd All Rights Reserved.


[PR] タオバオ代行

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://liveintegration2009.blog114.fc2.com/tb.php/1009-1d6ac69b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。