FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] タオバオ代行

チャイナトレード.jp 【誰でも出来る中国ビジネス】vol.199 

----------------------------------------------------------------------
チャイナトレード.jp】誰でも出来る中国ビジネス
◆Presented by Live Integration Co.,Ltd         
----------------------------------------------------------------------
【vol.199】

お疲れ様です、チャイナトレード.jp です。

昨日から今日にかけて、たくさんの方からメールを頂戴いたしました。

皆さん、アパレルにご興味があるのですね。正規品かそうでないかの確信が
持てないと、どうしても販売で強気なコメントが書けませんので、気持ちが
よくわかります。僕も傍観者ではなく、実演者ですので、どうしたら皆さん
との利益共有ができるかを考えています。考える毎日ですが、意識があれば
必ず解決策やもっとよい方法が浮かんできますので、
またいろいろとご紹介して参ります。

はい、それでは本日も宜しくお願い致します。
 ↓ ↓ ↓
『中国製がよい!!という評判のものを探す』

中国でしか手に入らないもの、中国で生産していて有名なもの、
などについても今後は焦点を当てる必要があります。
または「中国の独自ブランド」やノーブランド品です。

米国や日本のブランドタグがついていても生産地は中国であることが多いの
ですから、生産技術として劣っていることは全くありません。
ブランド名がついているだけで、価格が跳ね上がるようなものです。


弊社のお客様で、「ノーブランド品」ばかりを購入されている方が
いらっしゃいます。
アパレルや日常生活用品なども含めて、相当の買い付けを行うのですが、
難なく売ってますよね。利益率や販売総数までの詳細は教えて頂いてま
せんが、オーダーの頻度から判断しても「売れている」はずです。



イメージ的には、街中にある洋服屋さんのような品揃えの仕方だと思い
ます。若い世代よりもどちらかというと少し年配の世代向けの商品を
集めていますね。流行にはとても敏感で、よく研究されていると思いま
すよ。今年は「花柄」だったのですが、この方が一番早く花柄の洋服を
買い求めになっていました。
淡々とした攻め方は、勉強になります。



あと、中国製じゃなければ駄目なものとか、
中国産のもので有名なもの・・何かありますか。

以前書きましたけど、壷とか鉢とか漆器関係などは、中国でかなり価値
があるものが眠っているといわれますね。日本に到着した途端に価格は、
何百倍にもなったりとか・・・これもいつか機会があったら、壷探しツ
アーに行きたいです。



あ、そうそう、針とか灸のセットなどをタオバオで買ってる方もいます。
これは医療用品なのでしょうか。タオバオだと普通に買えますね(^^;)


それと、BCLラジオってご存知ですか。無線とかやっている方がいれば
わかると思いますが、これは中国製品が物凄く売れています。
日本製よりも値段は安いのですが、性能がよいということと、キャッチ
できる周波数が裏コマンドみたいのがあって、拡大できるらしいのです。
中国製のラジオばかりを扱っている専門店みたいのもありますよね。



中国は、決して技術後進国ではありません。


すさまじい勢いで、様々な分野の技術が向上しているのです。
たとえば、自動車生産技術についてはどうでしょうか。現在中国では、
1200万台の生産能力があります。またエコカーの専用部品や、競争力を
保持できる部品などの技術の自主化が加速しています。年率10%以上増
加している生産台数が示すものは、革新的に技術が向上している証拠で
もあります。


また、産業機器や、工機、建機、農機に関しても中核部品の技術向上
を急務に唱えています。


驚くべきことに、美容整形業界における技術の向上によって、
整形王国の韓国からも顧客が流入していきているという話です。



今ではそこかしこに 優秀な中国製品が溢れだしており、
米国や欧州、日本などの顧客が増加しているわけです。

このような背景から考えると、中国独自のものが「品質面ですべて悪い」
とは到底思えず、なかには、掘り出し物的な価格で、品質のよい商品を
手に入れることが可能かもしれませんね。


今日、封筒関係を扱っている業者さんから連絡が来ました。
この方は、Nさんという方で、ひょんなことから、スカイプで連絡を
取り合うようになったのです。中国からの輸入について、全く未経験
だったNさんは、約一ヶ月かけて準備をして、今度第一回目の輸入を
行います。中国での製品提供業者を探し、オリジナルの規格で発注し、
日本国内の通関できる運送業者も探し、支払い条件なども交渉して、
見事に仕事をやり遂げようとしています。


Nさんが 中国の会社から輸入することに目をつけたのは、
国内における競争力強化のためです。扱う封筒は、ちょっと特殊なもので、
オークションやネットショップなどをやる人にとっては、とても重宝される
ものらしいです。

封筒とは言っても 梱包材としての意味あいが強い封筒ですね。

Nさんは他社との競争のために、仕入れる先を中国に転化しました。
それによって、十分に競争できる価格を実現できそうだということです。

この事例からもわかるように、圧倒的に日本よりも安く生産できる
「資材関連」などを中国から探すこともいいですよね。

僕たちがネットビジネスをしていても ちょこちょこかかるのが、梱包関連の
お金です。探すのが面倒ですので、アスクルさんで頼んでいますが、
実はアスクルの商品は中国製品が多いかもしれませんよ。

探せばノーブランドであっても 中国独自ブランドであっても日本の販売上
影響がなく、逆にコストパフォーマンスに優れた商品(製品)はたくさんある
かもしれません。
ちょっと視野を広げて、いろいろ研究してみましょう。

【編集後記】

宅配のヤマト便さんとお付き合いしますと、
そのシステムがきちんと統制が整っていて、伝票ひとつにしても
使いやすいものになっているのが、よくわかります。

こういう風にどんどん進化していかなくてはいけないんだなぁって
思います。

帰りがけに歩きながら、高いビルを見上げます・・・・

こんなビル・・・どうやったら建てられるのだろう・・・・

本当に素朴な疑問なのです。

まだまだ僕も未熟ですね。
もっと精進いたします。

======================================================================
■発行:ライブインテグレ株式会社
■URL: http://www.china-trade.jp/
□メルマガの解除はこちら
 →http://www.mag2.com/m/0001028763.html
□メルマガへのご意見・お問い合わせはこちら
 → info@china-trade.jp
======================================================================



Copyright(c) 2009 Live Integration Co.,Ltd All Rights Reserved.
[PR] タオバオ代行

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://liveintegration2009.blog114.fc2.com/tb.php/1000-93cb6a07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。