FC2ブログ

タオバオ 出品へ挑戦される方へ 

タオバオの認知度が日本でも相当高まってきております。
検索サイトを見るたびに、タオバオ関連の記事やブログ、サイトなどが
多くなってきてますね。

少しでもタオバオの良さを皆さんに理解して頂ければ、という思いで、
微力ながらお手伝いさせていただければ幸甚に存じます。

最近のトヨタのリコール問題もそうですが、日本製品=絶対品質ではないにしろ
数十年に渡り日本品質は、高く評価されてサブリミナル効果的に

日本の製品=絶対品質という観念が流れているようです。

こと中国におきましても 中国国内製品で素晴らしい品質の製品があるにも
関わらず、日本製品に対する根強い人気が蔓延している状況です。

でもこの現象は、おそらく未来永劫は続かないと思います。

なぜならば、日本の製品や技術は、どんどん中国に流れていますので、
同時にどんどん吸収されているからです。

かつての日本が米国や欧州文化を積極的に取り入れて発展したように、
今の中国は、米国、欧州、日本から 尋常じゃないスピードですべてを
吸収しようとしているのです。

ですから、中国製品の品質は、数年前に比べれば格段に良くなっていますし、
下手したら、米国や欧州、日本の製品などよりも 
安くて同程度の品質のものも
たくさん存在する
のです。


この点は、僕たちが独自に調査した中で、特に電化製品において顕著なのでは
ないかと思っています。

日本の電化製品ブームは過ぎ去ったかな??

僕はそう思ったのです。

ところが様々な地域(中国は広いですからね )

の中国人の方とお話しますと、意外と電化製品への興味は全然失われていない
ことがわかります。

それに、先日 中国へ里帰りしていたKaさんのレポートによりますと、

中国での地域格差と収入格差を考慮すれば、地域によって、場所によって
売る品目を変えてもよさそうなのです。

タオバオは、ご存知のように 毎年拡大傾向にある世界最大のマンモス
ショッピングモールです。

パソコンの保有率も高くなり、ネットショッピングも年々4割ぐらいずつ
増加しているのですから、これからがもっと面白い時期になるのです。

黙っていても顧客が増える状況と言えばよろしいでしょうか。

つまり、パソコンを所有する人たちは、最初はネットを見たり、メールを
したり、チャットをしたりというごく普通の楽しみ方をするのですが、
必ずネットで決済することの便利さ」を覚えます。

これが一度に1億人が覚えるのではなくて、毎日 とんでもない数の単位で
覚えていくのです。

去年のデータだけを見ても タオバオID取得者は、毎日5000人の増加でした。

これは・・・・タオバオだけ!! です。

ネット決済を一度覚えた人たちは、その利便性を忘れることはないでしょう。

これからの数年、僕はあと6年と見ていますが、
中国のネット決済者は、10億に達すると思います。











スポンサーサイト



[PR] タオバオ代行

タオバオの代行サイトは、タオバオジャパンで検索 

タオバオ代行サイトで、
フルサポートが出来るのは「タオバオジャパン.com」 です。


日本にお住まいで、新感覚のネットショップをオープンさせたい場合には、
是非、タオバオも候補のひとつにお選び頂ければ幸いに存じます。
タオバオは、中国のオークションサイトですが、色合いは、日本の楽天と非常に
似つかわしく、ショッピングモールだと思っていただければイメージしやすいです。

日本でも楽天ストアの伸びは素晴らしいですが、タオバオの伸びはそれをはるかに
上回る状況です。

2007年から2008年にかけて、楽天の伸び率は23%でした。
対してタオバオは、同時期に175%の伸び率がありました。



中国語を学ばなければならないということは一切ございませんので、ご安心ください。


タオバオの代行サイトを検索するときの

キーワードとして、

「タオバオジャパン」とご入力頂ければ、
たくさんの情報を得ることが出来ます。


これはあくまでも日本人の皆さんに向けたメッセージです。
なるべくわかりやすい事例を交えながら、タオバオに関する有意義な情報を提供
しております。

日本は、ご存知のように世界一の個人金融資産を保有している国です。
しかしながら様々な業界で、売上が相当ダウンしているのではないでしょうか。
今年はまもなく終わりですが、来年(2010年)になったからと言って、すぐに
好転するような状態ではないのは、火を見るより明らかです。

1秒間にすさまじい速度で、国の借金が増加しているなかで、僕たちはただただ
時代の推移を指をくわえて見てればいいということはないと思います。

今こそ、世界に目を向けてみてください。

資本がどこに集まり、
人がどこに集まり、
投資家がどこに目をつけ、
世界がどう変わろうとしているのか!!



今の日本は、完全閉塞状態です。

ふと中国を見れば、個人消費ひとつを見ても爆発しております。


中国の2009年の個人消費は、なんと!!

12兆元だそうです。

日本円で、156兆円!!

僕はめまいを覚えましたよ (^^;)

皆さんは、中国はそんなに所得がないと思われていませんか?

はい、確かに通常の会社員の人たちの所得は、円換算すれば、日本よりも
少ないかもしれません。

ところが、

中国人は、今 こぞって マンションを買っていますよ。


2009年だけで、新築マンションが日本円で約50兆円売れています!!

中古マンションを合わせれば、約76兆円です。

日本の国家予算って、たしか 80兆とか、85兆円でしたよね・・・・

なんか国家予算と同等の売上がマンション業界だけであるなんて、、、

すさまじいとしかいいようがありません。


こういう流れを言いますと、

「ん?中国ってバブルじゃないの??」 と いぶかしがる人が
いますが、いやいや全然 まだまだですよ。

不動産価格の値上がり率は、昨年に比べて3.9%です。

2007年、2008年に比べれば少ないのです。

タオバオジャパンでは、タオバオの代行サイトではありますが、
もっと大きな視点で、中国ビジネス考えていきます。

価値ある情報を皆さまに!!

を合言葉に頑張っております (^^)









[PR] タオバオ代行

タオバオは翻訳する必要がありません 

タオバオ代行を依頼すれば翻訳する必要はありません。

タオバオをこれから利用しようと思っているお客さまからのご相談で一番多いのが、
中国語がわからないことに対する不安です。


確かにタオバオは、中国のショッピングモールサイトですので、中国語がわかれば、
苦労はしないと思います。

タオバオ内には、170万店舗以上に及ぶショップが立ち並んでいて、アイテム数も
10億アイテムを突破しましたので、きっとお探しの商品が見つかるでしょう。
ただし、タオバオでIDを取得していないと買い物も出来ませんし、買い物をする
ためには、アリペイの登録をしなくてはいけません。
アリペイの認証時には、中国人の保証人も認証させる必要がありますので、やはり
中国語の理解だけでは少しハードルが高いように思います。


では考え方を変えて、面倒なことは

全部タオバオ代行業者に依頼
したと仮定します。

買付代行、購入代行の場合には、タオバオ代行で依頼すれば自分が中国語の理解が
なくても弊社の中国人オペレーターがまじめに対応してくれますし、

やり取りは、日本語で出来ます。
(メールでも電話でもスカイプでもお客さまが望む方法で出来ます)

出品代行や出店サポートでも中国語を理解していなくても 弊社の担当スタッフが
サイトの作成から構成、商品画像のアップ、日本語から中国語への翻訳、販売時の
中国語オペレーション、発送手配、顧客管理、売上管理のすべてを担いますので、
翻訳や通訳の必要がありません。

もちろん弊社は、中国語翻訳通訳の専門会社でもありますので、御社が独占できる
中国人スタッフをタオバオ販売戦略のために 

勤務させることも可能
です。

言語の学習の時間が取れればいいですけど、なかなかそうもいかないのでは
ないでしょうか。
誰もが平等に与えられている24時間ではありますが、
時には「時間をお金で買う」選択も必要な場合があります。

今は高度経済成長に入っている中国です。
優秀な人材を雇用するにも コストがかかります。
それを踏まえて考えれば、タオバオのすべての代行がフルサービスで出来る弊社の
システムは利用価値があるかと存じます。

例えば、一般的な翻訳の料金で示しますと、どんなに安い翻訳業者でも
日本語から中国語への翻訳は、一文字1円です。

(これは最低の例です。まるで機械翻訳のような料金ですが・・・・)


フリーランスではない、普通の会社に翻訳依頼をかければわかりますが、
一文字1円なんていう業者はまずほとんどありません。

仮に一文字1円だとしても 日本語の商品説明文が 一商品800文字だとしても
ひとつの商品を出品するのに 800円も余分にかかってしまうのです。
最低でも100アイテムぐらいは掲載したいですよね。
そうすると・・・80000円です。

これはあまりにも大きな出費になってしまいますよね。
では、800文字を400文字に減らせば 40000円じゃないかと言われますが、
400文字って、作文用紙一枚分ですので、文章としてはけっこう短いですよ~

一文字0.5円のところを探せばいいでしょうけど・・・長く翻訳の仕事もやっていますが、
そんなところありません (^^;)

ではサイトの無料翻訳を使えばいいじゃないか と言われそうですが、
サイトの無料翻訳を使えば、意味は、ほとんど通じなくなることでしょう。

現在は、日本語から中国語への翻訳は、日本語から英語への翻訳に比べても相当
精度が低いので、相手に意味が通じなければ、買われませんし、トラブルの原因にも
なってしまいます。 よって、機械翻訳はお勧めできません。

タオバオは翻訳する必要がないのは、

翻訳料金も含めてあるタオバオ代行業者に
依頼した場合です。



費用対効果で考えてみても リスク面で考えてみても 一番効果があって、
一番間違いのないやり方です。

※翻訳料金は、出品でも出店でも買付、購入でも いずれの代行の場合でも必要
 ありません。


[PR] タオバオ代行

タオバオ代行 高い? 

タオバオ代行については、料金が高いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、タオバオショップで繁盛させるためには、ネイティブな中国語
使えるスタッフがいなければ、機能いたしません。
チャット文化が根付いている中国人のネットショッピングは、日本人のそれとは
全く違います。

どうしても 中国語でのチャット対応が必要になります。

例えばこう考えてください。

タオバオを独自で運営をスタートしたとします。
中国語を流暢に話すことの出来るスタッフを何時間拘束できるでしょうか。
仮に朝の9時からスタートしたとします。8時間労働で1時間の休み時間を
与えれば、通常は、18時までですね。

ところが

タオバオの最も売れる時間帯は、

夜の20時から夜中の12時
です。

学生さんや サラリーマンの人たちが自宅に戻ってゆっくりしている時間帯です。

二交代勤務で 2名雇うということになりましょうか・・・・

それだけでも人件費がかなりの金額になります。

日本で雇うのは、大変だから、中国現地で雇いますか?
どのように 管理するのでしょうか (^^;)

時間の管理よりも難しいのは、人の管理です。

どう考えても独自でやろうと思えば、自分が流暢に中国語を話せるか、
超激安な中国人労働者を雇うということになります・・・が 今 中国人の人件費は
安くありません。

ましてや完全なる意思の疎通が出来ていなければ、結果 とん挫してしまう
可能性があります。

代行をする・・・ということは、責任が伴います。

一緒に繁盛店をつくっていくという責任ですね。

タオバオの代行は、皆様の中国進出の敷居を低くするものです。

お互いが本気で売るために いろいろな策を講じてつくっていくものです。



[PR] タオバオ代行

タオバオで本当に売れますか 

タオバオで本当に売れますか?」

僕が一番いただきたい質問であり、一番答えたいことです。
僕たちの会社は、まだとても小さい会社ですが小回りのきく かゆいところに手が届く
サービスを拡充していこうと考えております。

その中のひとつとして、僕が決めたことが「サポートを徹底しよう」ということです。
小さいながらも一生懸命やっていると、いろいろな方が助言をくださいますし、
来社を希望される方も多いです。
ご来社頂くということは、わざわざ時間をかけて、交通費をかけて来てくださるので
すから、こちらもたくさんの情報を提供しなければ気がすみません。

最初は、当たり障りのない質問をくださるお客様も究極のところは、冒頭の質問を
ぶつけたいわけです。

ですから、どうぞ投げかけてください、究極の質問を (^^)

タオバオで本当に売れますか?」

「ええ、売れますよ。」

誰がやっても売れます。日本でヤフオクの経験があるぐらいの人なら、感覚的にも
わかると思いますが、タオバオのほうが断然売れます。

もちろん売ってはいけないものは、売りません。
日本から発送できないものもありますからね。

ざっくりとした答えでは 「売れますよ!!」なんです。

そこから詳細の話になるのですが、

「どんなものが売れますか?」

というご質問にかわってきますね。

僕たちはその段階で、知っている情報は全部放出します。別に出し惜しみを
する理由がないからです。

なぜならば、100%の答えを出しても 実行するか否かはお客様のご判断になりますので、
あとは 下駄を預けてしまいます。

すると、

もっともっと質問が具体化してきます。

この段階から、完全にサポートに突入しておりますので、

どんな細かい質問にも対応いたします。

そうして、お客様と一緒にプランを練り上げていきます。

実はこの話し合いの作業もけっこう好きで、楽しい時間なんです。

[PR] タオバオ代行