FC2ブログ

阿里旺旺での奇妙な中国語チャット 

タオバオでのチャットは、タオバオサイト内からダウンロードできる
阿里旺旺 という専用のソフトを使います。
このチャットソフトは、とても高機能で、売り手および買い手がとっても
使いやすくなっています。

僕はピンイン入力は、ほんの少ししかできませんが、Kさんに教わりながら
スパルタ教育を受けて、どんどんトライしております。

不思議と一度ピンインで入力していくと、中国語の発音などを同時に
覚えることになりますので、わかるほどに楽しくなります。

阿里旺旺


↑こちらは、左上の顔の部分が「灰色」になっていますね。

タオバオのショップのチャットマークがオンライン表示になっていても
実際にコンタクトしていきますと、灰色の場合もあります。

でも こちらは先を急ぎますので、灰色であってもチャット
どんどん飛ばしていきます。

そうしますと、あとから返事が来ます。

これは実際のコンタクトの様子でして、URLと希望個数を書いて、

「在庫はありますか?」と聞いている様子です。



阿里旺旺2

↑こちらは、今日の昼間にコンタクトしていたショップから、

商品は買わないのか? と催促を受けました (^^;)

「いやいや 明日買うから 待っててくれ」と答えました。

そんなやり取りをしているうちに、中国語、英語、日本語が入り混じった
変な会話になってきました。

画面をよく見ますと、

「気にするな」と書いてありますね。

これは、相手の発言なのですが、僕が中国語でまごまごしていて、

「まだ中国語は勉強中なんだ」と言うと



日本語で

「気にするな」と言ってきた 非常にリアルな模様です。

でも 面白いでしょ www




スポンサーサイト
[PR] タオバオ代行

タオバオの研究 

タオバオについての一番の研究テーマは、

出品者にとっては「売れ筋商材」について。


購買者にとっては、「転売可能かどうか」ではないかと思います。

またはもう少し突っ込んだ話で、タオバオで仕入れて「日本でどれぐらいの値段で売れるか」
についてでしょうね。


タオバオは、インターネット上のショッピングモールとしては世界最大と
なった今でも新しいショップが次から次へと誕生しております。
また、タオバオの中でちょっとわかりにくいPPCや数々のテクニックに関しても
タオバオ内で開催されているWEBセミナーで詳しく解説しております。

売れ筋商材は、国内から発送できるものの限定ではありますが、数多くあり
ますので、ピンポイントでメルマガなどでお伝えしてまいりますので、
ご確認くださいませ。

※今日のメルマガでも「絶対に売れる日本製品」を掲載しておりますので、
 是非ご覧ください。



絶対売れると書いた以上、本当に売れます (^^)すごいんですよ。


毎日、毎日、「○○○○○は扱ってないのか?」という質問が。



メルマガで確認してくださ~い。


タオバオで買った商品を日本で転売したいお客さまにとっては、
転売可能かどうかの判断が必要ですよね。

ですから、その点の研究としては、日本の代表的なオークションサイトの
ヤフオクで、検索して頂ければ一発でわかります。
ただ、データはどんどん新規更新する必要がありますので、
一ヶ月も前のデータはほとんど使い物になりませんので、ご注意ください。



タオバオの研究は、ライブインテグレ株式会社のタオバオジャパン.com に
お任せください。



〒272-0023 千葉県市川市南八幡4-16-3-304
ライブインテグレ株式会社
タオバオジャパン.com 運営責任者  工藤まで

047-318-9184
レスポンスがとても早いタオバオサポートチームのメール
スカイプID tetsu-kiti









[PR] タオバオ代行

タオバオのチャット画面 

タオバオチャット画面
 ↑ クリックすると画面が拡大します
[PR] タオバオ代行

タオバオの販売強化方法 

日本のネットショップと同様に、中国のネットショップでも競争が行われておりますが、
タオバオにおける販売強化方法は、資金をかけずとも非常に効果的な方法があります。

販売強化となれば、通常思いつくのが広告宣伝の強化となりがちです。
それは売るための手段として、必要なのはわかりますが、これだけネットショップが
乱立しているのですから、大企業の大きな資金力をかけた広告には到底かないません。
中小企業が大企業に勝てるのは、小回りを効かせることであったり、ニッチな戦略に
なります。

面倒だと思うようなことを率先してやったほうが効果がじわりと効果が波及して参ります。

例えば、サイトを上位検索させるためのやり方としては、上位サイトから多くの被リンクを
もらったり、キーワードに見合った内容のコンテンツや記事を量産することによって、
かなり苦労して上位に表示させます。
キーワードを研究して、記事をこつこつと書いて、リンクをもらいながら、または自分で張り
ながら、インターネット上での露出度を増していくことによって、検索によって自分のサイトや
記事が検索されるようになります。
しかし、これはけっこう時間がかかる作業なのです。
やれば、個人でも確実に効果を出せるのがSEOなのですが、いかんせんクローラーの
アルゴリズムが変化していきますので、変な手法を使えば、プログラムに嫌われてしまい、
結局は、苦労が台無しになることもあるのです。

何をやったらいいのかわからないから、ではプロにお任せしようという気持ちになるかと
思いますが、プロにお任せしても 頼んだその日から 即効で効果があるものは
ありません。

じわりじわりなのです。

つまりネットショップでの繁盛は、いかに自分のサイトを検索上位にもっていくかということに
力のほとんどを注ぐことになります。

力だけならいいですが、実際にはお金も注ぐ場合がほとんどですね。

しかし、タオバオの場合には、まず中国国内において最も有名なインターネットショッピング
モール
ですので、知らない人がいません。

また最近β版とは言え、「タオバオ捜索(検索)」が登場しました。

より探しやすく より便利に機能がアップしているのです。

タオバオを見てる人たちは、買い物を目的としていますので、集客の手間が省けています。
それらのサイトを見ている人が、1秒間に1万人弱いるのです。

あとは、いかに自分のショップに誘導するかなのですが、日本のように大きなお金が
かかるわけではありません。
わずかなPPC広告でもそれなりにアクセスを集めることが出来ます。

そして、最も簡単な「買う」「買わない」の意思確認が お客さんのほうから問いかけてくる
チャットにあるのです。

タオバオの最大の特徴である このチャットシステムは、是非とも日本のネットショップにも
導入したほうがいいのではないかと思います。

サイトを見ている人が もう一歩進もうとするときの行動が・・・・

「チャットで質問をしてみる」
「チャットで、ちょっと問い合わせをしてみる」という
行動につながるからです。

タオバオの販売強化方法は、とても簡単です。

集まる人たちはたくさんいるのですから、いかに目立つかです。
それはサイトのデザインで目立つということも少しは関係あるかもしれませんが、
占める割合は、10%です。

それよりも何よりも 「来てくれたお客様を大切にする」ということです。

タオバオのショップに関する評価はいろいろありますが、まず、僕たちが購入代行を
依頼されて、チャットなどで質問をしますが、小気味よく すばやく チャットで回答を
くれるところは少ないです。

本当にお店にいるのだろうか?? といぶかしがってしまうぐらい 返事が遅いですね。

だから、僕たちは勝てるのですよ。

お客様を大切にするということは、どういうことなのかを考えてみればわかります。
僕は値段も重要だと思いますが、やっぱり お客様に対する接し方が最も重要だと
考えます。

お客様の知りたい情報をなるべく早くお伝えするということを 徹底していけば、

「このネットショップは、とても対応がいい」という評価になります。

お客様の評価ほど怖いものはありません。

お客様のネットショップで感じてくれる満足度というのは、特にチャットを主体に販売して
いるタオバオの場合には、その対応がとても大切なのです。

基本の 「き」に立ち返れば、一人一人のお客さまに目を向けるということでしょうね。

[PR] タオバオ代行

タオバオショップがブログで紹介される 

タオバオでは、目立つ方法が二つあります。

ひとつは、PPC広告でお金をかけて目立つ方法。


もうひとつは、値段を下げて、そのカテゴリで一気に目立つ方法。



例えば、3000円のものを売りたいと思って、PPC広告に広告単価3円のお金をかけたとします。
コンバージョン率が50分の1とすると、150円の広告料を支払って、3000円の商品が売れること
になりますので、結果売上は、2850円です。

またものもと3000円だったものを150円値下げして、価格面で目立たせて2850円で
売ったとします。これも結果 2850円の売上ですね。

つまり同じことなのです。

但しここで、2次的効果について もう少し突っ込んで言及してみます。

PPC広告を使った方法をA   

値段を下げて売った方法をB


とします。

AとBは、売上という側面で見たら同じであったということがわかりますが・・・・・

Bの方が2次的効果の期待値が大きいです。

理由は、値段が安いことで目立ちますと、

1、口コミで広がりやすい

2、ブログでURLを添付して紹介してくれる

という効果があるのです。

今回、弊社ではBの方法を打ち出しました。
しかも ちょっと冒険ではあったのですが、価格ソートで、一番安い価格になるように
設定したのです。


すると、ある女性が、ブログで 弊社のテストショップを紹介してくれたらしいのです!!

本日、どんなことがあったかと言いますと、

昼以降の時間帯で、注文が立て続けに入るという事態に発展しました。


目の前で働いている中国人取締役のKさんが、

「なんで、こんな注文くるかわかったよ」 と つぶやきました。


「ん? どうしたの?」

いつものように、黙々と作業をしながらの受け答えでしたが、今日はちょっと手を止めて
教えてくれました。

ブログで紹介してくれたみたいだ」

「へぇ~ そうなんだ。 それはうれしいね!」


「うん、今買っていった人が言ってたね。 ブログから来たって・・・」


中国人では日本と同様 ブログが大変人気です。SNSもチャットルームも毎日
盛大に盛り上がっているのですが、
個人が自由に自分の意見を述べることが出来るブログに関しては、
かなりの勢いで伸びているらしいですね。

(下記 JPITAの記事より抜粋)

2008年11月7日、上海市で開催された「第2回中米インターネットフォーラム」で、中国で開設されているブログの数が1億700万件に達していることが明らかにされました。
た。(中国新聞網)

ブログの隆盛について、フォーラムに参加したマイクロソフト社の役員、クレイグ・マンディ氏は「ブログ開設は、すべての人を『記者』に変身させる」と表現 し、グーグルの李開復(リー・カイフー)副総裁は「検索エンジンのヒット数が増大している原因は、個人のブログ開設数急増と大いに関係がある」と分析。

一方、中国インターネット・ネットワーク・情報センター(CNNIC)の発表したデータでは、2008年6月現在の中国のインターネットユーザーは2億5300万人で、米国を追い抜き世界最多となっています。この数字から推計すると、中国では毎日約24万人のネットユーザーが新たに誕生している計算にな り、3~4年後には5億人に達する見込み。

また、中国インターネット協会(ISC)によると、中国のインターネットの利用分野のうち、ブログの順位は音楽、ニュース、ライブチャット、映像、検索、 電子メール、ネットゲームに続く第8番目で、専門家は「ブログ発展の余地はまだ非常に大きい」と分析しています。


金曜、土曜、日曜と売れ行きは好調で、本日も 平日にも関わらず かなりの伸びです。

タオバオにおける 発展を 僕たち自らが 毎日感じ取っております。

[PR] タオバオ代行