FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] タオバオ代行

2010年 タオバオは企業誘致が加速します 

アリババグループが運営するタオバオは、2010年さらに大飛躍します。
僕が予想するのは、

ポータルサイト連動によるダイナミックな顧客獲得

法人へ営業強化

高級品市場開拓

④3Dプラットフォームの確立


ポータルサイト連動によるダイナミックな顧客獲得>

すでにβ版として運営開始しているタオバオ捜索(検索)サイトがどうしても
googleっぽく思えるのですが、買い物客意外の呼び込みに利用できるため、
ポータルサイトは、強化されると思います。
・・・というか、かなりgoogle を意識しているのだろうというところが随所に
見え隠れします。
googleは、すべてのインターネット利用者のドメイン間の交通量をコントロール
するところを目指しています。

ネットの利用者は、インターネットを行き来するたびごとに、企業が発する情報を
目にすることになります。提供された情報は、一定の割合でクリックされる可能性
があるのですから、ポータルサイトを握ったところは、必然的に強くなります。

タオバオを擁するアリババは、すでにアジア圏で3番目の時価総額を誇る企業と
なっておりますので、様々な自己開発が出来るようになっています。
そうなれば、ポータルサイトに力を入れるのは、自然な流れだと思います。


法人への営業強化>

これはタオバオ側も望むところであり、企業も自ら参入意思を表明してくるでしょう。
現在のタオバオは、20代~30代がターゲットとなっているオークションプラスαの
様相が強く、扱い高は大きいのですが、利用料が無料です。
PPC広告の利用で、収入をあげているのですね。
しかし、2009年時点で、B2Cの割合が、3倍に膨れ上がりましたので、タオバオ
自信をもっています。
2010年は、1年間でB2Cの割合が、2009年比で、10倍になってもおかしくありません。
アリババドットコムと連動させながら、企業誘致が進むに違いありません。


高級品市場開拓>

ビジネスモデル自体は、ちょっと楽天と似ています。
楽天が高級品市場を創生したように、ランクの高い品物をそれなりの富裕層を
ターゲットにしかも安全に販売できる体制をつくりあげるのではないかと思います。
実際、中国の富裕層の割合は、過去どの国も体験したことのないスピードで膨張
しています。
決済の安全性は、アリペイで確保されているとは言っても まだまだ購買単価が
低いです。
(なのに1日80億というのが凄すぎるのですが・・・)
弊社でも時折、高い品物を物色しますが、成約に至っているケースはちょっと
少ないです。
これは中国人気質によるところもあろうかと思いますが、高額商品の場合には、
手に取ってみないと買えないということで、C2Cの限界を感じます。
ですから、ベースが出来上がることによって、様相も変わるのではないかと
思います。


3Dプラットフォームの確立>

世界中で、3Dの流れが加速します。
すでに3Dプラットフォームを提供し、3Dコンテンツの拡大をさせている企業も
多くなってまいりました。
タオバオは、3Dでは後発になりますが、初期段階は、SNSからのトラフィック
誘導がメインで、後に①のタオバオ検索サイトの有効利用により、
「淘花源」へのトラフィックは、爆発すると思います。

※「淘花源」とは、タオバオの3Dショッピングバージョンです。


通常のタオバオ会員増加だけでも2010年は、さらに増加すると思いますが、
様々なルートでの顧客誘導が進むことによって、個人だけではなく、企業が
注目し始める可能性が極めて高いです。

スポンサーサイト
[PR] タオバオ代行

タオバオでアフィリエイト 

タオバオでも少しずつですが、アフィリエイトの利用が増加しております。

ちなみに、

アフィリエイトとは、Webサイトやブログ、メールマガジンなど
が企業サイトへリンクを張り、閲覧者がそのリンクを経由して
商品を購入したり、サービスの登録をした場合に、紹介した人に報酬が支
払われるという広告手法のこと
を言います。

タオバオにもアフィリエイトがありまして、

商品単品に対するアフィリエイトや店舗や
イベントページに対するアフィリエイトなど、
複数用意されています。



タオバオの出品や 出店をご検討されている方は、通常のPPC広告以外にも
まだあまり浸透していないアフィリエイトがこれからはお勧めです。
アフィリエイターとして、、、ではなく

アフィリエイトを主催する側になるように実績を積むことが出来れば
いいですね。

中国は、日本よりも副業が盛んな国ですので、

このアフィリエイトの仕組みは、

きっと中国でも利用者が爆発
することと
思います。

中国のアフィリエイトに、日本からも簡単に参加できる仕組みがあれば、
もっと面白いですね。

国内で稼いでいる人は、上位の方であれば、数百万に及んでいるはずです。
でもアフィリエイトの収益を確保するためにブログの量産がなされて、
アフィリエイト主体のブログの順位が下がってしまうという傾向も
あるようです。

まだ未知数が多いものの アフィリエイトの海外バージョンを詳細に
説明した情報があれば是非とも欲しいところです。


今はネット関連は、日本の場合はすぐに飽和状態になってしまいますので、

誰もがやっていることではなくて、

まだ未発達で、あまり誰もが知らない部分に挑戦してみると
いいかもしれません。








[PR] タオバオ代行

タオバオをwikiで調べると 

タオバオwikipediaで調べてみると、けっこう最新の情報が書かれていますね。
そのまま編集モードに入って、どんどん書き足してしまおうか・・・・と頭を
よぎったのですが、今回はやめておきます。

タオバオwiki情報で、ひときわ目を引いたのが

(以下wikiより抜粋)

「2009年上半期の取引総額は809億元。 取り扱い商品の売上高ランキングでは、
トップ10は日用雑貨、ファッション、携帯電話、化粧品、運動用品、アクセサリー、
出版物、ノートパソコン、低価格家電製品、デジタルカメラ・ビデオカメラであった。

2008年の取引総額は前年比2.31倍の999億6000万元。2009年上半期の取引総額は、
前年同期比87.7%増で、金融危機にも関わらず驚異的な伸び率を維持した。」
以上の内容です。

これ単純に凄い!!と思いませんか。

取引総額のところをご覧ください。

昨年は、1年間かけて、999億6000万元だったのが、

今年は上半期だけで809億元!!


下手したら、1年間のデータが出たら

2000億元近くになっている可能性
がありますね。

今のレートで計算しても 

2兆6000億円
です!!

この金額を1年365日で割ってみてください。


1日で、71億!?


僕はついこの間まで、タオバオやアリペイを知りたがっている人たちに説明するときに、
アリペイでは1日80億の取引がなされていると伝えてきました。

今年の夏前には、2008年のデータしかありませんでしたので、そのときはネットで
調べても1日40億の取引と書いてあったのです。
本当に倍になったのですね。


凄すぎますよ、タオバオ!!


このペースは本当に数年後に 世界最大の小売業のウォルマートを抜きます。


[PR] タオバオ代行

タオバオの口コミの威力 

タオバオ口コミの威力は、かなり凄いです!!
これはデータにもあるのですが、タオバオで購入した人の約半数がなんからの形で
口コミ宣伝してくれます。


僕たちも日常チャットなどで、中国人の友人とよく話をしますが、URLを貼り付けて
情報提供してくれることが多い
のですね。

また、日本の情報を欲しがるときにも サイトのURLを教えてほしいと言われます。

そもそも口コミというのは、
人々の口頭を通じて伝わっていくコミュニケーションのことです。
噂とか評判というのは、自らが発するものではありませんよね。
他人の発する情報の方が信憑性があるのは当然です。
また、他人が発する情報の中には、メディアを使った広告もありますが、いわゆる
利害関係があるところからの情報よりも 何の利害関係もない他人が教えてくれる
情報は、価値があるものです。

ここで言う口コミとはそういう範疇のものです。

中国ではまだ、ネットショッピング黎明期に当たりますので、タオバオなどの
インターネット上のネットショップを通じて購入することが全土に普及している
わけではありません。

でも毎日のように5000人規模のペースで会員数が増加しているのは、
口コミによるところが大きいのではないでしょうか。

今後ユーザー数の増加ペースで行けば、黙っていてもいずれは会員数が2億人、
3億人となることでしょう。

タオバオで買い物をしたユーザーは、商品が届けばショップに対する評価を
つけます。「よかった」「普通だった」「ダメだった」という あれ です。

満足した商品については、どんどん友達などに教えるのです。そのときに
利用されるのは、電話などよりも チャットのほうが多いです。

実は中国で、口コミと言いますが、
チャットコミ」 と言ったほうが適切かもしれません。

世界で一番 チャットが好きな人種は、中国人だと思いますよ。

例のQQですが、調べたら、、、すでに会員数が9億人に達している模様です。

QQでは、毎日のようにアクティブユーザーが会話を楽しんでいます。
その内容は、ビジネスから娯楽まで多岐にわたりますが、あまりにも一般的なQQ
中では、ショッピングモールの話題もたくさん出ます。

「この商品が500元で買えたよ。買ったショップのURLはね、http://○○○」

このような会話がチャット上で行われているのです。

タオバオの利用者の約半数が

コミュニケーション上で、ショップの噂をよくも悪くも

拡大してくれる
のです。

ですから、タオバオについて語る人の多くは、「評価」が大切だよね。と
言います。



[PR] タオバオ代行

タオバオがついに3DショッピングモールOPEN  

世界最大のショッピングモール「淘宝網(タオバオ)」が、この12月に
3D仮想空間型のショッピングモール淘花源を開設すると発表しました。

タオバオは、もともとSNSの「淘江湖」も運営しているのですが、その付随機能として
提供されるそうです。

仮想空間と言えば、2007年に日本でも爆発的にユーザーが伸びた米国リンデン・ラボ社の
セカンドライフが有名です。
翌2008年が皆さんもご存じのリーマンショックとサブプライムショックなどが重なり、
世界経済が一気に冷え込んで、セカンドライフ内でもSIMの運営が苦しくなったところも
多く、ある会社の夜逃げ事件にまで発展した経緯があります。

しかし2009年になって、アクティブユーザー数が増加して、仮想空間の人気はとどまる
ところを知らない状態になっています。

タオバオセカンドライフ内のSIMに開設かな?と一瞬喜んだのですが、
さすがに資本の潤沢にあるアリババ・グループですね。独自に開発しているようです。
先日のタオバオ捜索(検索)サイトのβ版の発表もそうですが、どうも戦略的には、
googleっぽいところがあるように思えます。

ただgoogleの場合には、仮想空間からは撤退したようですが・・・・

いずれにしましても 

3D空間でのショッピングというのは、仮想とリアルの融合を
図る試みとして、数多くの企業がトライ
してきました。

しかしながら、ものの見事に仮想ショップでリアルの商品を販売したという実績は
あまりないのが実情です。

例えば、欧米や日本の名だたる大企業などは、上述のセカンドライフの中で、独自の
SIMコンテンツを立ち上げたのですが、 ゲーム的要素が強い中で、どれも確立したものは
なかったように思います。

ユーザーは自分のアバターを着飾り、リアル社会と同様に様々なコミュニケーションを
実感しました。そして、独自の通貨 リンデンドルはドルと交換が出来るということで、
創造的なクリエイターたちは、セカンドライフ内のリンデンスクリプトを駆使して、
独自のオブジェクトを作り出し、それを売ることが出来たのです。

仮想空間の中で通用するもの=オブジェクトは、相当売れたと思いますが、
リアルのショップの品物を仮想空間内で、販売という試み

は、なかなか成功しなかったのです。

さて、今度タオバオが参入する 3Dショッピングモール「淘花源」についてはどうでしょうか。

とても楽しみですね。

今、僕たちが見ているパソコンのコンテンツは、ほとんどが2Dの世界です。
しかしながら近未来の中で、デジタルワールドは、3D世界に移行することは間違いないでしょう。

アニメやSF映画のすごい世界が実現することになるのです。

[PR] タオバオ代行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。