FC2ブログ

タオバオジャパン.com 新年のご挨拶(2010年を迎えて) 

2010年の幕開けです。
明けましておめでとうございます。
日頃、タオバオジャパン.comのブログをご覧いただきまして、誠に有難うございます。

ライブインテグレ株式会社 2010年年賀状



弊社は、下記の経営理念を常に念頭に置き、中国ビジネスにおける新しい可能性
追求に邁進いたします。


ライブインテグレ株式会社 経営理念


タオバオジャパン.comでは、ビジネス理論や戦略も大切にいたしますが、
それ以上に、人とのつながり、ヒューマニズムを根幹においた営業をして
まいります。

2009年を中国ビジネス元年と捉え、
2010年は中国ビジネス初期微動期として、ダイナミックなビジネスを展開し、
中国関連ビジネスにおいて、皆様のお役に立てるようさらに精進致します。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


                           ライブインテグレ株式会社
                             代表取締役 工藤徹也


スポンサーサイト
[PR] タオバオ代行

タオバオジャパン.com からのご挨拶 

謹啓

初めてこのブログをご覧頂いた方へのメッセージです。
タオバオジャパン.com 運営責任者の工藤徹也と申します。以後、お見知りおき
くださいますよう、お願い申しあげます。

タオバオジャパン.com は 中国最大のネットショッピングモール「タオバオ」の
代行業務となります買付・出品・出店のサポートをメインとした業務内容となって
おります。

運営は、千葉県市川市のライブインテグレ株式会社が行っております。
弊社は、2008年の10月3日に設立いたしました。現在の資本金は、1300万で
中国語翻訳通訳のマッチングサイトの運営、アパレル販売、そしてタオバオ
代行業務を主として行っております。

もともと私は、証券会社などの投資関係の会社に勤めておりました。勤務は、
19年間に及び、その間に証券の現物、信用、オプション取引、商品の先物取引、
為替の直物取引の営業を経験しました。
特に2000年ぐらいからの中国の躍進には注目しており、商売柄目にしてきた
中国関連のニュースや 中国株価動向、中国の元の動き、中国の資源の買付け、
などを通して、中国という国の経済力の逞しさに惹かれるようになりました。

サラリーマンとして勤務していたときから、独自の視点で相場分析をしており、
チャート分析やテクニカル分析などにおいては、一通りマスターしました。
システムが整い、デイトレードやスイングトレードが盛んになったときには、
実際に、数多くの銘柄でトレードを実践し、刻々と移り変わる相場を相手に
まさしく戦ってまいりました。

世界経済に大きな影響を与え始めた中国は、これからも弊社の研究テーマの
根幹をなし、今後ますます高まる日本と中国の経済的なつながりにも
微力ながら尽くしていきたいと考えております。

今後は、インターネットの普及や それに付随したネットショッピングの普及という
ものに焦点を絞り、
日本に居ながらにして、中国とのビジネスをいかに展開するか・・・ということを
大きな課題に取り組む所存でございます。

とりわけ「タオバオ」という巨大な市場の出現によって、私たち日本人にとって、
またとないチャンスの到来である予感をするとともに、
いかに皆様に啓蒙し、いかにご参加頂き、いかに儲けていただくかということが
最大使命であると捉えております。

タオバオには、現在200万店舗近いショップが軒を並べています。
タオバオの入り口には、たくさんの人々が訪れており、1秒間に9000弱のアクセスが
あります。
1日に5000人ずつ会員が増加しており、
商品点数も 売上の規模も 他のネットショッピングモールに完全に打ち勝っている
状態です。
中国全体にネットショッピングシェアの実に82%を占めるに至っているのですから、
中国でのネット上の買い物=タオバオを通して・・・という状況にまでなっております。
驚異的なコンバージョン率と 超格安な広告単価によって、参加者があとを
絶ちません。

しかし、タオバオでの商売において、本来であれば最もアドバンテージを握るはずの
国は、日本です。

もちろん言葉の問題はあります。
タオバオのID取得も設定も実際の売買もすべて中国語がからみますので、
なじみのない日本人にとっては、大きな障壁になることでしょう。

ただしそれらの障壁があったとしても 
日本人がもっているアドバンテージは、活かさない手はありません。

それは、中国人の日本製品に対するブランド意識の高まりです。
いえ、そんなゆるい言葉ではありません。
絶対的な信頼感です。

もし皆さんが この事実をいち早く知ることが出来れば、中国ビジネスといっても
臆することはありません。
中国へ進出することに対して、恐怖を感じることもありません。

商売は、「お客さんがいれば立ち上がる」のです。
お金がなくても 商品がなくても 販売員として人の力を投入できなくても
お客さんがいれば、必ず立ち上がります。

よくある失敗が、まず売れそうな商品を仕入れるパターンです。そして、その商品を
買ってくれるお客さんを探す・・・
もしこの段階で、はずれてしまえば、在庫を抱えることになってしまい、
それが経営を圧迫するようになるのです。

では、中国に目を向けた場合は、どうでしょうか?
第一にお客さんが居ます。
人口でも日本の10倍いるのです。富裕層も日本よりもはるかに多く存在します。
消費意欲も高く、日本の製品に対しての絶対的信頼感があるから
黙ってても買ってくれます。

ラベルを見て、「made in Japan」と書いてあるだけで、「買い!!」なのです。
これだけのアドバンテージがあれば、どうして怖いことがありますでしょうか。

売り手側としての代金回収の問題でしょうか。
タオバオは、アリペイという決済システムを使っています。
現在、アリペイでは1日に80億近くのお金が決済されています。

Aさんが商品を購入すると、アリペイにお金が支払われます。
Bという出品者は、アリペイからお金が支払われた旨の報告を受けます。
Bは、発送の手配をします。
Aさんの元に商品が届けば、Aさんからアリペイに報告がなされます。
そして アリペイからB出品者の口座にお金が振り込まれるのです。

出品者にとっても 購入者にとっても まったく安全なシステムの中で、
取引がなされているのです。
双方が安心して出来る仕組みに支えられているのが、タオバオです。
売り手である私たちが、何の心配もなく安心して出品ができるのです。

弊社は、タオバオという巨大な市場に皆さんをご招待したい!!
そういう思いでビジネスを進行させております。

飽和状態になってしまっていて、無意味な価格競争に突入している
日本のネットショップで、くすぶっているよりは、新鮮で
しかも欲する人たちが、億単位で存在する 中国タオバオに是非とも
トライしてみてください。

現在、私たちは、トライアル出品を実施しております。
※トライアル出品は、こちらをご覧ください。

本当は、もっともっと売れるはずのネットショップが、日本にはたくさん
あります。

皆さんが1日も早く中国タオバオの存在に気づき、少しでも体験の一助
を成すことが出来れば、弊社としても大変有難いことです。

お忙しいところ、お目通し頂き、ありがとうございます。
心より厚くお礼申し上げます。
末筆ではありますが、皆様のますますのご繁栄をお祈り申し上げます。

                                     謹言


                        ライブインテグレ株式会社
                        代表取締役  工藤徹也

※まずは、トライアルで、お試しください。
 詳細のアドバイスは徹底してさせていただきます。

[PR] タオバオ代行