FC2ブログ

会社の封筒などは、この会社が早い!! 

2008年に起業したときにお世話になった 封筒制作専門の会社が
「封筒屋どっとこむ」さんです。

インターネット上で、さくっと注文できて、途中経過の連絡も丁寧で、
とにかく仕事が早いです!!

料金もすごく安いので、お勧めですよ~

これから起業する人や 封筒を大量に使う業者さんは是非一度見積もりを
とってみてください。

その対応の丁寧さを早さに驚き、なおかつ仕上がってから自分のところに
到着するまでのスピードが速いということで、信頼できる!!と思って頂ける
と思います。

弊社でも 「封筒屋どっとこむ」さんを利用しておりますので、制作事例と
して紹介されています。

こちらをご覧ください。

ライブインテグレ 封筒



オーダーもかなり多いらしく、絶好調のようですね。

丁寧に仕事をしていると必ずファンが増えるという例だと思います。
とにかく 素晴らしい対応ですので、安心できます。

スポンサーサイト



[PR] タオバオ代行

ホームページの肝がわかれば、自分で作れます 

自分で、なんでもトライしてみようと思って取り組んでみますと、意外と簡単だった・・・
なんてことがありますね。

ホームページの制作もそうです。

HTML などというちょっとわかりにくい横文字に惑わされることはありません。
ホームページビルダーがあれば、はっきり言って誰でも作れます。

でもプロが作るものと、僕みたいな素人が作るものは、前回のフォームもそうですが、
ホームページにしても 見栄えが全然違うんですよね。

僕がつくると、安っぽく見えるのは、気のせいではないでしょうね (^^;)


で・・・

僕は気づいたのです。

ホームページの最大の肝は何かってことを・・・・

これはですね、「枠組み」というか、デザインや文章を組み込む前の 

「配置図」ですね。


おおかたの人がホームページの作成で、う~~ん って悩んでしまうのは、

最初の最初の どこに何を書いて、どこにどんな写真を配置するか?

というところだと思うのです。


例えば、最初から「配置図」があって、

ここには、キャッチフレーズを書く、ここにはわかりやすい画像を置く・・・・

ここには、箇条書きで、説明を書く、、、、

・・・という感じの「枠組み」と言うのでしょうか? それがあれば、

だんだんと形になっていくのがわかるのです。


真っ白なページに 何を書いていいか途方にくれるようなことって
ありませんか?

ホームページを作る場合に、「配置図」=「枠組み」がないと、

かなりの時間を悩むだけで経過させてしまうと思いますよ。

じゃぁ、どうしたらいいかと言うとですね・・・・


ホームページビルダーの表の作成を使うとかなり楽になります。

4列 4行 でもいいですし、 3列 3行でもいいですから、

まずはその表を設置しますね。

あとは、それをつけ足したり、セルを削除したり、ビローーンと伸ばしたり
縮めたりして、

そのセルの中に文字を書いたり、画像を組み込んでいくのです。


ちなみにこのブログって、B-blog というテンプレートを使っているのですが、
3カラム(3つの柱という意味) ですね。

真ん中のスペースが大きくて、両サイドにブログパーツを埋め込んだり、
フリースペースを入れて、自分の好きなものを投入することが出来ますね。

そんな感じで、3カラムの「配置図」を表で最初につくってしまうのです。


それが出来たら、あとはけっこう楽ですよ~

お金をかけないで、自分で出来ることは、全部自分でやりましょう!!

経費削減ですね~~

[PR] タオバオ代行

フォームを自由に作れれば WEBサイトの幅が広がります 

ご自身でWEBサイトやショッピングサイトなどを運営されている方は、

「お問い合わせフォーム」「資料請求フォーム」などをサイトに組み込んで

いるかと思うのですが、それらはどこのフォームを使っていますか?

フォームを使うことによって、永続的に資金がかかるようであれば、
この際、一度つくってしまえば、フォームにかかるコストは 

ゼロ円にしてしまいましょう (^^)


こんな僕でも作れましたので、はっきり言って ちょっと知識がある人なら、

ものの20分で作れることでしょう。

知識がない人でも 数時間で理解もして 作れるようになります。

フォームサンプル
 ↑
これは、僕が昨日作ったものですが、

項目はけっこう 複雑にも出来ますし、プルダウンメニューをカスタマイズも出来ます。

レンタルサーバーや レンタルフォームのことを 今 徹底的に勉強しているのですが、

うん、以外にもコスト削減の道が 身近なところにあるものです。

[PR] タオバオ代行

フォームを自分で作れるようになりました 

WEBサイトなどに埋め込むフォームを作れるようになりました。

手順としては、まずはフォームの項目を考えて、それを作成します。

次いで、フォームを通して、お申し込みのあった内容を転送するメールアドレスを設定し、

尚且つ、自動返信で送られる内容を確定します。

そして、作ったフォームをHTMLとCGIプログラムに変換します。

最後は、作成したファイルを自分のサーバー(たいていはレンタルサーバーでしょうか)に

アップロードします。

アップロードした後は、CGIプログラムの属性変更(またはアクセス権変更)を行えば

がっちりと機能するようになります。

フォームのアウトラインを決めたあとに、ホームページビルダーで、デザインを整えるのですが、

これも失敗を繰り返しながらなんとか出来るようになりました。

アップロードした後のテスト送信で、きちんと自動返信メールが送られればOKです。

一度理解してしまえば、さほど難易度が高いわけではないのですが、途中で、フォームが

機能しない(エラーが出る)と ガックリです。

ホームページやWEBサイトをお持ちの方は、レンタルサーバー会社の毎月○○円、

または、半年で○○円、年間○○円という フォームを使用されていると思うのですが、

一回分の料金であとは、ずっと使えるようなものがいいかもしれませんね。

HTMLとか 画像の加工とか、 今回のCGIに関しては、本を読んでもなかなか覚えないと
思います。

やはり、自分で試してみることによって、(実際にやってみることによって)
理解が深まると思います。

ブログで使われているスタイルシートなども同様だと思います。

テンプレートを自分なりに 改造してみて、だんだんと見えてくるものがありますので、

だんだんと楽しくなってきますね。

[PR] タオバオ代行